canonical 属性

  • www の有無 → Search Console で設定可能
  • index.html の有無 → canonical 属性で正規 URL を指定
  • http ページと https ページ → 301 リダイレクト
  • URL パラメータ (セッション ID など) の違い → canonical 属性、もしくは、Search Console で設定
  • サブディレクトリ付きパスのスラッシュ有無 → canonical 属性で正規 URL を指定
  • カラーバリエーション展開している商品ページ → canonical 属性で正規 URL を指定
  • ページネーション → 基本的に別ページとして扱う。rel=prev/next を指定する。
  • AMP ページ → canonical 属性で正規 URL を指定
  • 一時的な重複コンテンツ → noindex としてインデックスを避けることもできる
  • 外部サイトから被リンクを受けている → noindex とせずに canonical 属性で URL を正規化

参考:

重複した URL を統合する – Search Console ヘルプ [公式]

wwwあり、なし等のURLの正規化方法 canonical属性の使い方 | アレグロのSEOブログ

canonical属性とは/link rel=”canonical”によるURL正規化タグ——SEOにとって非常に重要な進歩(前編) | Moz – SEOとインバウンドマーケティングの実践情報 | Web担当者Forum

link rel=”canonical”によるURL正規化タグ——SEOにとって非常に重要な進歩(後編) | Moz – SEOとインバウンドマーケティングの実践情報 | Web担当者Forum

canonicalとは〜URLの正規化でSEOのマイナス評価を避けよう|ferret フェレット

<link rel=”canonical”>タグの書き間違いに注意! | 株式会社シンメトリック公式ブログ

サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ!| ホームページの作り方

canonicalタグって意味あるの?/解説とSEOに役立つ設定法

link rel=”canonical”タグの使い方とSEOの評価について | デジ研

301 リダイレクト

  • index.html の有無
  • www の有無
  • URL 末尾のスラッシュの有無

参考:

URLの正規化・canonical属性とは? <link rel=”canonical”>タグの仕組みと使い方 | Gyro-n

記述する際の注意点

  • head 内に書く
  • なるべく絶対パスで書く
  • https を正規 URL として統一する(記述間違いを無くす)

参考:

リンク要素<link>のrel=”canonical”を使った重複したURLを統合するときの書き方についてのメモ – Qiita

alternate

モバイル向けの正規ページを指定する

参考:

リンク要素<link>のrel=”canonical”を使った重複したURLを統合するときの書き方についてのメモ – Qiita

URLの正規化・canonical属性とは? <link rel=”canonical”>タグの仕組みと使い方 | Gyro-n

Tagged:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です