パスワードを保存する

Mac の場合 git-credential-osxkeychain を使う。git configcredential.helper を設定すると、初回の push もしくは pull の際にユーザー名とパスワードを入力すれば、macOS のキーチェインに保存されて、以後入力が不要になる。

$ git config --global credential.helper osxkeychain

参考:

git を https 経由で使うときのパスワードを保存する – Qiita

Git で https 接続するときのパスワードを保存したい – Qiita

Mac の git で http 接続のパスワードを安全に管理する | ソフトアンテナブログ

git-credential | 酒と涙とRubyとRailsと

1台の PC で複数の GitHub アカウントを使う (SSH と https) | dackdive’s blog

Git のパスワード認証に MacOS のキーチェーンアクセスを使う | mattintosh note (跡地)

認証情報の保存 | Pro Git book [Official]

gitcredentials Documentation | Git [Official]

設定を削除する

どこで設定されているか確認する。

$ git config --show-origin --get credential.helper

グローバルの設定を確認する。

$ git config --global credential.helper

グローバルの設定を削除する。

$ git config --global --unset credential.helper

参考:

Mac で git の credential.helper=osxkeychain にアアアアアッてなって削除した話 | ロップップ

disable git credential-osxkeychain – Stack Overflow

GitHub

参考:

https 時代の git アカウントを使い分ける方法のメモ | ひと夏の技術

Caching your GitHub password in Git | GitHub Help

Updating credentials from the OSX Keychain | GitHub Help

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です