optparse

参考:

library optparse (Ruby 2.6.0)

class OptionParser (Ruby 2.6.0)

使い方

参考:

Ruby の OptionParser チートシート – Qiita

コマンドライン引数によるオプションに対応する (optparse) | まくまく Ruby ノート

コマンドライン引数 optparse の利用 スクリプトの書き方 | バイオインフォ 道場

getopts

参考:

singleton method OptionParser.getopts (Ruby 2.6.0)

OptionParser::Arguable

"optparse"require すると、ARGV.getopts が使えるようになる。

第一引数は短いオプション、第二引数以降は長いオプションを指定する。コロンを付けたオプションは引数を取ることができる。コロンの後にデフォルト値を指定できる。

require "optparse"
params = ARGV.getopts("abc", "name:", "file:", "path:")

参考:

Ruby の optparse を軽く使うなら悩む必要なんてなかった – Qiita

ARGV の処理に OptionParser を使ってるライバルをバックミラーから高速に消し去る ARGV.getopts の使い方 – Qiita

module OptionParser::Arguable (Ruby 2.6.0)

instance method OptionParser::Arguable#getopts (Ruby 2.6.0)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です