ヒアドキュメント

ヒアドキュメント開始記号
  • <<終端の識別子を行頭に書く必要がある
  • <<-終端の識別子をインデントして書ける
  • <<~ヒアドキュメント全体の余分なインデントを削る
クォーテーションの種類による違い
  • "EOS"式展開あり
  • 'EOS'式展開なし
  • `EOS`コマンド出力

クォーテーションなしは式展開ありとして処理される。

greeting = <<~EOS
  Hello, World!
EOS

puts greeting

参考:

Ruby のヒアドキュメントの書き方いろいろ | Hack Your Design!

Ruby のヒアドキュメントすごい – Qiita

Ruby でヒアドキュメントを使う – Qiita

Ruby のヒアドキュメント 4パターンのまとめ | ぺけみさお

Ruby のヒアドキュメントは高機能 | アインシュタインの電話番号

Ruby のヒアドキュメントでインデントを綺麗にするいくつか – Qiita

ヒアドキュメント (行指向文字列リテラル) | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です