まとめ

  • PHP 7 を使用する。
  • サーバーに Nginx を使用する。
  • HTTP/2 に対応する。
  • サーバー応答時間 (TTFB / Time To First Byte) を改善する。
  • パフォーマンスに適したテーマを使用する。
  • 不要なプラグインを除去する。
  • ピンバックを無効化する。
    • 外部からのピンバック
    • 自己ピンバック
  • ページネーションを使用する。
  • キャッシュの最適化
    • サーバーでキャッシュする。
    • プラグインでキャッシュを生成する。
    • CDN でキャッシュを使用する。
    • オブジェクトキャッシュ → 動的なサイトに必要
  • 画像を最適化する。
    • プラグイン
    • 画像を圧縮する。(JPEG / WebP)
    • 遅延読み込みを使用する。
    • SVG 形式を使用する。
    • アイコンフォントを使用する。
  • データベースのパフォーマンスを改善する。
  • CDN を使用する。

参考:

ウェブサイトのスピードアップについて | Kinsta

Kinsta で禁止されているまたは Kinsta との互換性のないプラグインのリスト | Kinsta

更新チェック

参考:

The Worst WordPress Performance Problem You’ve Never Heard Of TPPUCS | WeFoster

SSR

参考:

WordPress を劇的に高速化、1秒以内に表示されるフロントエンドの構築方法 | コリス

Query Monitor

参考:

Query Monitor | WordPress プラグイン [公式]

Perfmatters

参考:

Perfmatters – The #1 Web Performance Plugin for WordPress [Official]

Disable All WordPress Updates

参考:

Disable All WordPress Updates | WordPress Plugin [Official]

Easy Updates Manager

参考:

Easy Updates Manager | WordPress Plugin [Official]

WP STAGING

参考:

WP STAGING – Backup Duplicator & Migration | WordPress Plugin [Official]

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA