URL の操作

参考

ruby でドメインの扱いを幸せにするための記事 – Qiita

module URI (Ruby 2.6.0)

class URI::HTTP (Ruby 2.6.0)

class URI::Generic (Ruby 2.6.0)

URI.parse

require "open-uri"
uri = URI.parse("https://example.com/")
uri.open do |f|
  // ...
end

参考

singleton method URI.parse (Ruby 2.6.0)

library open-uri (Ruby 2.6.0)

How to parse url to get base url? – Stack Overflow

URI.split

参考

singleton method URI.split (Ruby 2.6.0)

open

参考

Ruby で Web 上からファイルをダウンロードする | UX MILK

instance method OpenURI::OpenRead#open (Ruby 2.6.0)

module OpenURI::OpenRead (Ruby 2.6.0)

module OpenURI::Meta (Ruby 2.6.0)

content_type

参考

module OpenURI::Meta (Ruby 2.6.0)

specify content type? – Stack Overflow

Addressable

参考

sporkmonger/addressable: Addressable is a replacement for the URI implementation that is part of Ruby’s standard library. It more closely conforms to RFC 3986, RFC 3987, and RFC 6570 (level 4), additionally providing support for IRIs and URI templates. – GitHub

Documentation for addressable | RubyDoc.info

Ruby で日本語の URI (URL) をパーズするなら Addressable::URI を使おう – Qiita

クエリをハッシュとして取得する

参考

URL のクエリ文字列から Hash を生成する – Qiita

Ruby の URL のパラメータを書き換える | 酒と涙とRubyとRailsと

singleton method URI.decode_www_form (Ruby 2.6.0)

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です