UNIXSocket

参考:

class UNIXSocket (Ruby 2.6.0)

BasicSocket

参考:

class BasicSocket (Ruby 2.6.0)

UNIXServer

参考:

class UNIXServer (Ruby 2.6.0)

使い方

参考:

class UNIXServer | Ruby 1.9.3 リファレンスマニュアル (refm.rubicle.net)

UNIXSocket.pair

参考:

singleton method UNIXSocket.pair (Ruby 2.6.0)

recv

参考:

instance method BasicSocket#recv (Ruby 2.6.0)

受信するデータを先読みする

recv メソッドにフラグとして Socket::MSG_PEEK を指定する。

io.recv(1, Socket::MSG_PEEK)

参考:

instance method BasicSocket#recv (Ruby 2.6.0)

Man page of RECV | JM Project

send_io / recv_io

UNIX ソケットを介して IO ディスクリプタを送受信する。

> s1, s2 = UNIXSocket.pair
> s1.send_io STDOUT
> stdout = s2.recv_io IO, "w"
> stdout.puts "hey!"
hey!
> stdout.gets
IOError: not opened for reading

参考:

親子関係のないプロセス間でファイルディスクリプタを共有する | @tmtms のメモ

instance method UNIXSocket#send_io (Ruby 2.6.0)

instance method UNIXSocket#recv_io (Ruby 2.6.0)

UNIXServer.open / UNIXServer.new

参考:

singleton method UNIXServer.new (Ruby 2.6.0)

accept

参考:

instance method UNIXServer#accept (Ruby 2.6.0)

close

参考:

instance method IO#close (Ruby 2.6.0)

ECONNRESET

参考:

class Errno::ECONNRESET (Ruby 2.6.0)

Spring

参考:

spring rails console で PAGER=lv だと /dev/tty: Device not configured | @znz blog

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です