puts / p / pp / print / warn の使い方

  • puts:引数の後に改行を出力する。引数が配列の場合、要素と改行を交互に出力する。
  • p:デバッグ用に出力する。オブジェクトの文字列化に inspect を使う。
  • pp:デバッグ用にオブジェクトを整形して出力する。
  • print:改行を出力しない。
  • warn:標準エラー出力 $stderr に出力する。$VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しない。

参考:

ruby の print / puts / p の違い – Qiita

puts と print、p と pp の違いについて – Qiita

p pp puts print 違い。- Qiita

表示メソッドについて (print, puts, p) | TASK NOTES

puts

参考:

module function Kernel.#puts (Ruby 2.6.0)

p

参考:

module function Kernel.#p (Ruby 2.6.0)

pp

参考:

module function Kernel.#pp (Ruby 2.6.0)

class PP (Ruby 2.6.0)

library pp (Ruby 2.6.0)

print

参考:

module function Kernel.#print (Ruby 2.6.0)

warn

メッセージを標準エラー出力 $stderr に出力する。$VERBOSE フラグが nil のときは何も出力しない。

参考:

Kernel#warn メソッドでエラー出力 | Bye Bye Moore

古いメソッドを呼び出したら警告を表示する | Ruby Tips!

Ruby の warning から不要な warning を除外する | 日々雑記

module function Kernel.#warn (Ruby 2.6.0)

コマンドラインオプション – Rubyの起動 (Ruby 2.6.0)

variable $-v (Ruby 2.6.0)

warning (gem)

参考:

jeremyevans/ruby-warning: Add custom processing for warnings – GitHub

Ruby の warning から不要な warning を除外する | 日々雑記

Feature #12299: Add Warning module for customized warning handling | Ruby Issue Tracking System

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です