setTimeout

var timeoutID = scope.setTimeout(function[, delay]);

参考:

WindowOrWorkerGlobalScope.setTimeout() – Web API インターフェイス | MDN

JavaScriptのsetTimeoutをログに出す – プログラムモグモグ

第2引数に 0 を指定している setTimeout() の役割 – わからん

JavaScript:setTimeout関数の第2引数に0を指定する意味 | 覚え書き.com

setTimeout を Promise でラップして使う

参考:

sleep(setTimeout) を Promise化する | Developers.IO

clearTimeout

scope.clearTimeout(timeoutID)

参考:

window.clearTimeout – Web API インターフェイス | MDN

setTimeoutの削除 – あぷすた

JavaScriptプログラミング講座【タイマーについて】

window.clearTimeout – setTimeoutによる指定秒後実行予定の処理をキャンセル – JavaScriptリファレンス

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です