使い方

参考:

Time / Date / TimeDate – 日付系クラスのメソッド – Qiita

Time.now

参考:

日付と時刻を扱う/全パターン網羅 – Qiita

Time.new | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

strftime

時刻をフォーマットに従って文字列に変換する。

strftime(format) -> String

参考:

strftime を憶えられない – Qiita

strftime のよく使うテンプレート | TechRacho

指定フォーマットで文字列に変換する – 日付クラス (Date / DateTime) | JavaDrive

指定フォーマットで文字列に変換する – 時刻クラス (Time) | JavaDrive

strftime | Rails ドキュメント

Time#strftime | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

strptime

与えられたパターンに従って日時をパースする。

参考:

Time.strptime メソッド – 日本語表記の日時を Time オブジェクトに変換 – Qiita

文字列型と日付型の変換方法 | 茶漬けの技術メモ

文字列を日時に変換する方法 | maeharin の日記

Time.strptime | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

DateTime.strptime | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

Date.strptime | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

Time.at

指定した時刻の Time オブジェクトを返す。引数が数値の場合、環境変数またはシステムに設定されたタイムゾーンの時刻となる。

参考:

日付を String にしたり Time にしたり UnixTimestamp にしたり – Qiita

Time.at | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

Time.parse

require "time"

Time.parse("2018-08-11 23:09:47")

参考:

日付を String にしたり Time にしたり UnixTimestamp にしたり – Qiita

Time.parse | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

Date.parse

参考:

Date.parse | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

to_i

起算時からの経過秒数を整数で返す。

参考:

Time#to_i | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

to_f

起算時からの経過時間を秒を単位として浮動小数点数で返す。1秒に満たない経過時間も含まれる。

参考:

Ruby でエポックミリ秒 – Qiita

Time#to_f | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

wday / cwday

参考:

Ruby の Date#cwday と Date#wday について | belog

Date#wday | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

Date#cwday | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

Process.clock_gettime

参考:

時間情報の取得 clock_gettime() | 碧色工房

Elapsed time with Ruby, the right way | DNSimple Blog

Process.#clock_gettime | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

差を求める

参考:

日付または時刻の差分を求める (日数/秒数)|ST40PG

Ruby で DateTime の差を秒単位で取得する | 動かざることバグの如し

Ruby で時刻の差を求めるには? | はっしぃの開発メモ

Ruby / Rails で日付と日付の差分を求める | dev/mom0tomo

日付の加減算 | JavaDrive

コード:

DateTime の差を秒単位で取る (ohnishiakira) – GitHub Gist

ドキュメント

class Time | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

class Date | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA