undefined

undefined はグローバルオブジェクトのプロパティで、初期値はプリミティブ値の undefined である。最新のブラウザでは設定不可/書き込み不可として扱われる。予約語ではないため、グローバルスコープ以外では同名の変数を定義できるが、そのような使用方法は非推奨である。

参考:

undefined | MDN

判定する

厳密に undefined 値であるかを判定するには、typeof を適用して同値演算子 === で比較する。

let hoge

if (typeof hoge === 'undefined') {
  hoge = []
}

if (typeof hoge !== 'undefined') {
  hoge.push(123)
}

参考:

undefined 値の判定 | Architect Note

undefined 値の判定 – Qiita

条件式で 0 と null / undefined の判定を分ける – Qiita

厳密等価 (===) | MDN

まとめ

参考:

JavaScript と jQuery の存在チェックの方法 | Web’Notes

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA