エラーハンドリング

failed_when:指定した条件が真の場合にタスクの実行結果を failed とする。

ignore_errorsTrue が指定された場合、タスクの実行結果が failed であってもプレイブックの実行を中断せずに次のタスクの実行に移る。

参考:

Ansible でのエラーハンドリングなど – Qiita

ansible での実行結果の success / failed と ignore_errors / failed_when がよくわからなかったので調べてみた – Qiita

ansible で Faild を回避する – Qiita

Error Handling In Playbooks | Ansible Documentation [Official]

fail モジュール

指定したエラーメッセージを出力してプレイブックの実行を中断する。

参考:

Ansible の fail モジュール | technote (tech.withsin.net)

fail – Fail with custom message | Ansible Documentation [Official]

block / rescue

参考:

Ansible の block でエラーハンドリング | 1Q77

Ansible でのエラーハンドリングなど – Qiita

Blocks error handling | Ansible Documentation [Official]

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です