ワーカーをデバッグする方法 (Task)

ChildProcess.forkexecArgv を渡して、--inspect-brk オプションにポート番号を指定する。

# task.coffee
  constructor: (taskPath) ->
    # ...
    env = Object.assign({}, process.env, {userAgent: navigator.userAgent})
    if process.env.INSPECT_BRK
      execArgv = ["--inspect-brk=#{Math.floor(9230 + Math.random() * Math.floor(10))}"]
    @childProcess = ChildProcess.fork require.resolve('./task-bootstrap'), [compileCachePath, taskPath], {env, silent: true, execArgv}
    # ...

INSPECT_BRK 環境変数を指定してエディタを起動する。

$ INSPECT_BRK=1 atom --dev .

参考:

ChildProcess.fork – atom/task.coffee at v1.40.0 · atom/atom – GitHub

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です