国際化

リポジトリ:

svenfuchs/i18n: Internationalization (i18n) library for Ruby – GitHub

概要

参考:

Rails 国際化 (I18n) API | Rails ガイド [公式]

使い方

参考:

Rails の i18n の基本的な使い方まとめ | Rails Webook

i18n について | 酒と涙とRubyとRailsと

Rails 3 の I18n について | おもしろ web サービス開発日記

Rails の I18n 色々 | write ahead log

Rails の多言語対応 | Rails 日本語ドキュメント (Ruby STUDIO)

Rails 標準の i18n 機能による日本語化まとめ | ユニコーンリサーチ

i18n を使用した多言語対応/日本語化 | AUTOVICE

導入

参考:

Rails with i18n/多言語化対応 – Qiita

Rails アプリを多言語化に対応して国際的アプリにする 設定編 – Qiita

Rails 開発で多言語対応する | Nakamu Blog

Rails アプリを多言語対応するまで | web エンジニアの日常

Rails で多言語対応にする方法 | 人と情報

多言語対応 | Ruby on Rails 256 Tips

ロケールファイルの書き方

参考:

i18n ロケールファイルの書き方小技集 – Qiita

あなたはいくつ知っている? Rails I18n の便利機能大全!- Qiita

I18n の階層と表示 – Qiita

translate / t

参考:

translate – ActionView::Helpers::TranslationHelper | Ruby on Rails API [Official]

t – ActionView::Helpers::TranslationHelper | Ruby on Rails API [Official]

Method: I18n::Base#translate — Documentation for i18n | RubyDoc.info

Kernel.#format | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

sprintf フォーマット | Ruby リファレンスマニュアル [公式]

コード:

translate – rails/translation_helper.rb at v5.2.0 · rails/rails – GitHub

translate – i18n/base.rb at v1.0.1 · svenfuchs/i18n – GitHub

interpolate – i18n/ruby.rb at v1.0.1 · svenfuchs/i18n – GitHub

翻訳の単数形/複数形を切り替える

コード:

pluralization.rb at v1.0.1 · svenfuchs/i18n – GitHub

plurals.rb at v1.0.1 · svenfuchs/i18n – GitHub

日付/時刻のローカライズ

参考:

日付/時刻フォーマットを追加する | Rails ガイド [公式]

Formatting dates and times in Rails with I18n.localize | Stacked Notion

Explanation how to use I18n.l @user.created_at, format: :default – Stack Overflow

localize / l

参考:

localize – ActionView::Helpers::TranslationHelper | Ruby on Rails [Official]

l – ActionView::Helpers::TranslationHelper | Ruby on Rails API [Offcial]

Method: I18n::Base#localize — Documentation for i18n | RubyDoc.info

Method: I18n::Backend::Base#localize — Documentation for i18n | RubyDoc.info

コード:

localize – base.rb at v1.0.1 · svenfuchs/i18n – GitHub

バリデーションエラーメッセージの翻訳

参考:

Rails のバリデーションエラーのメッセージの日本語化 – Qiita

Ruby On Rails の Validation メッセージをカスタマイズする – Qiita

Rails の validation error message の i18n 対応 | Yuichi Takada

カスタムバリデーションのエラーメッセージを i18n に対応する | アルパカログ

Rails で日本語でのバリデーションエラーメッセージの出し方 | その辺にいる Web エンジニアの備忘録

バリデーションエラーメッセージ、及び、フィールド名を日本語化する | Ruby on Rails 始めました

Rails の validate 周りの i18n 対応でハマったこと – Qiita

バリデーションエラーメッセージの日本語化 (i18n 対応?) – teratail

Translating locales for Rails model errors | EquiValent

Fully custom validation error message with Rails – Stack Overflow

ActiveModel の翻訳

参考:

Rails の Form オブジェクトの日本語化 – Qiita

ActiveModel のバリデーションメッセージのキー値を日本語化する | freedom-man.com

HTML を出力する

参考:

I18n.t で HTML を出力するのに raw や html_safe を使ってはいけない – Qiita

Three Ways to Use HTML in Your Rails Translations | LingoHub

Including HTML in Your i18n Locales | makandra dev

Using HTML in i18n form helper translations – Stack Overflow

ピュア Ruby プログラムから使う

参考:

普通な Ruby プログラムでも i18n で多言語対応してみる – Qiita

Ruby の i18n を単独で使う – Qiita

翻訳データ

参考:

Rails の i18n で定義している辞書情報を軒並み取得する方法 – Qiita

仕組み

参考:

I18nコードリーディング | freedom-man

ドキュメント

Documentation for i18n | RubyDoc.info

i18n-js

JavaScript のコード内で Rails のロケールを使う

リポジトリ:

fnando/i18n-js: It’s a small library to provide the I18n translations on the Javascript. It comes with Rails support. – GitHub

i18n_generators

リポジトリ:

amatsuda/i18n_generators: A pack of Rails generators gem plugin that generates Rails 3 and Rails 2 I18n locale files for almost every known locale – GitHub

参考:

i18n_generators で Rails アプリを日本語化 | EasyRamble

Rails 3.2 i18n_generators メモ – Qiita

i18n_generators で楽チン日本語化 | babydaemons’ blog

globalize

リポジトリ:

globalize/globalize: Rails I18n de-facto standard library for ActiveRecord model/data translation – GitHub

入手:

globalize | RubyGems.org

参考:

3年間日本語のみで運用してきたサービスを、3ヶ月で新人が多言語化した話 | FiNC Developers Blog

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA