GNU 一般公衆ライセンス

GNU General Public License (GPL)

「コピーレフト」と呼ばれる概念により、ソースコードを「フリー」 (Free) にするという目的で使用されるライセンス。日本語では「GNU 一般公衆ライセンス」と呼ばれている。

公式サイト:

The GNU General Public License v3.0 | GNU Project

概要

SPDX
# SPDX-License-Identifier: GPL-3.0-or-later
掲示文
Copyright (C) [Year] [Author Name]

This program is free software: you can redistribute it and/or modify
it under the terms of the GNU General Public License as published by
the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
(at your option) any later version.

This program is distributed in the hope that it will be useful,
but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the
GNU General Public License for more details.

You should have received a copy of the GNU General Public License
along with this program. If not, see <https://www.gnu.org/licenses/>.

参考:

正しく知れば怖くない GPL ライセンスの特徴 | yamory Blog

GNU一般公衆ライセンス v3.0 | GNU プロジェクト

GNU General Public License – Wikipedia

GNUライセンスに関してよく聞かれる質問 | GNUプロジェクト

よくある誤解

  • ❌ 改変・修正したソースコードは必ず公開する必要がある。 → 内部でのみ使用するツールやソフトウェアの場合は公開しなくてもよい。
  • ❌ ソースコードを使用したソフトウェアやサービスに課金してはいけない。 → 複製物を販売したりダウンロードに課金したりしても良いということが明記されている。
  • ❌ 改変・修正したソースコードは無償配布しなければならない。 → プログラムの伝達に必要な課金は認められている。

参考:

よくある誤解 – Wikipedia

LGPL

参考:

GNU Lesser General Public License – Wikipedia

GFDL

参考:

GNU Free Documentation License – Wikipedia

自由ソフトウェアが自由な文書を必要とする理由 | GNU プロジェクト

AGPL

参考:

GNU Affero General Public License – Wikipedia

記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA