各 OS における標準的な改行コード

Linux:LF (\n)

Mac (OS X 以降):LF (\n)

Windows:CR + LF (\r\n)

旧 Mac (OS 9 以前 / 現在ではほとんど使われていない):CR (\r)

参考:

改行コードの確認 – Qiita

改行コード – Wikipedia

各 OS のデフォルト改行コードが決まった理由が知りたい | Murga

less で色付けなどの制御文字を有効化する

-R オプションを使う。

$ less -R development.log

ls の色付きのリストを less -R で閲覧する。

$ ls --color | less -R

grep のハイライト付きの結果を less -R で閲覧する。

$ grep --color=always -i 'error' development.log | less -R

参考:

less コマンドで ls や man を色付き表示する | wiki (yanor.net)

テキストファイル中の改行コードを確認する

cat コマンドの -e オプションを使う。(-e オプションは -vE と同じ)

$ cat -e example.txt

または、cat コマンドの -A オプションを使う。(-A オプションは -vET と同じ)

$ cat -A example.txt

参考:

linux で改行コードとかの確認方法 – Qiita

Linux でテキストファイルの改行コードを調べる方法 | 小粋空間

cat で改行コードを確認する | rochefort’s blog

cat コマンド

参考:

cat コマンド – 設定ファイルの内容を簡単に確認する | @IT

cat | kazmax

file コマンド

参考:

file コマンドで改行コードを確認する | IT を使っていこう (it-ojisan.tokyo)

まとめ

参考:

ファイルの文字コード & 改行コードを確認・変換するためのツールまとめ | Developers.IO

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です