git checkout コマンド

従来 git checkout コマンドが担っていた機能が多くて分かりにくかったために、機能が分割されて新しく git switch コマンドと git restore コマンドが作成された。

  • git switch:作業ブランチを切り替える。
  • git restore:指定したソースからファイルを復帰させる。
こちらのページを参照

参考:

git-checkout | Git Documentation [Official]

git-switch | Git Documentation [Official]

git-restore | Git Documentation [Official]

特定のファイル/ディレクトリのみチェックアウトする

コミットやブランチを指定した後に続いてパスを指定する。

$ git checkout @ path/to/file_or_directory

カレントディレクトリ以下のすべてのファイルをチェックアウトする。

$ git checkout @ -- .

スタッシュから特定のファイルまたはディレクトリを取り出す。

$ git checkout stash path/to/file_or_directory

参考:

git checkout で特定のファイルをチェックアウトする – Qiita

1ファイルだけ別のブランチから持ってくる – Qiita

Git の checkout でローカルのファイルを戻す | console.lealog();

git checkout all the files – Stack Overflow

異なるブランチ名で checkout する

リモートブランチの情報をフェッチする。

$ git fetch origin --prune

リモートブランチを確認する。

$ git branch -r

リモートブランチをフェッチする。

$ git fetch origin master

異なるブランチ名で チェックアウトする。

$ git checkout -b my_branch FETCH_HEAD

トラッキングブランチを設定する。

$ git branch -u origin/master

トラッキングブランチを確認する。

$ git status -sb
## my_branch..origin/master

git branch コマンドでリモートブランチからローカルブランチを作成する場合は、次のコマンドを使う。

$ git branch my_branch origin/master

または、ブランチ作成後にそのブランチに切り替える場合は git checkout を使う。

$ git checkout -b my_branch origin/master

または、git switch コマンドに -c オプションと -t オプションを指定して実行する。

$ git switch -c develop origin/develop

参考:

Git のトラッキングブランチの確認と設定方法 | yu8mada

-c – git-switch | Git Documentation [Official]

-t – git-switch | Git Documentation [Official]

Pull remote branch into local repo with different name? – Stack Overflow

How do I check out a remote Git branch? – Stack Overflow

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です