git switch / restore コマンド

従来 git checkout コマンドが担っていた機能が多くて分かりにくかったため、機能が分割されて新しく git switch コマンドと git restore コマンドが作成された。

  • git switch作業ブランチを切り替える。
  • git restore指定したソースからファイルを復元させる。

参考:

git-switch | Git Documentation [Official]

git-restore | Git Documentation [Official]

概要

参考:

あなたが知らない新コマンド switch / restore の世界にご招待 – Qiita

git switch と restore の役割と機能について – Qiita

git checkout の代替としてリリースされた git switch と git restore | kakakakakku blog

git switch コマンド

カレントブランチを master に切り替える。

$ git switch master

参考:

git switch でブランチの切り替え | はんなりと、ゆるやかに

git-switch | Git Documentation [Official]

git restore コマンド

指定したブランチからファイルを読み出す。

$ git restore --source=develop path/to/file

ソースを指定しなかった場合は HEAD から読み出される。

カレントディレクトリ以下のワーキングツリーの状態を元通りに戻す。

$ git restore .

参考:

git restore でファイル変更を元に戻す – Qiita

git-restore | Git Documentation [Official]

変更を破棄してブランチを切り替える

-f オプションを指定して git switch コマンドを実行する。

$ git switch -f master

参考:

Switch branch and ignore any changes without committing – Stack Overflow

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA