スレッド同期オブジェクト (Mutex)

class Thread::Mutex

Mutex (Mutal Exclusion = 相互排他ロック) は共有データを並行アクセスから保護するために用いられる。

参考:

class Thread::Mutex (Ruby 2.5.0)

Mutex – うなの日記

Thread::Mutex#synchronize

mutex をロックしてブロックを実行し、実行後に mutex のロックを解放する。ブロックが最後に評価した値を返す。

参考:

instance method Thread::Mutex#synchronize (Ruby 2.5.0)

module Mutex_m

スレッド同期機構である Thread::Mutex のモジュール版。クラスやオブジェクトに Mutex オブジェクトの機能を持たせるために用いる。

クラスに include する

class Foo
  include Mutex_m
  # ...
end

オブジェクトを extend する

obj.extend(Mutex_m)

参考:

module Mutex_m (Ruby 2.5.0)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です