神社

  • 千本鳥居
  • 神馬 (しんめ)
  • 瑞垣 (みずがき)/玉垣
  • 手水舎 (ちょうずや)
  • 手水鉢 (ちょうずばち)
  • 筧 (かけひ/かけい):水を導く竹や木の樋。掛け樋。
  • 駒札/立札
  • 錦の御旗
  • 宮彫り
  • 鬼瓦
  • 鳥衾 (とりぶすま)
  • 鰹木 (かつおぎ)
  • 千木 (ちぎ)
  • 懸魚 (げぎょ)
  • 破風 (はふ)
  • 御幕 (おまく/おんまく):紋の入った飾り布/暖簾 (門幕、神前幕など)
  • 御幌 (みとばり)
  • 御帳 (みちょう):座所や寝所に掛けられた布
  • 御簾 (みす):竹製の簾 (すだれ)
  • 壁代:部屋の区切りや内装あるいは目隠しの為に張られた帳 (とばり)
  • 紙垂 (しで):白い紙を裁ち折りしてカクカクの形状に成された紙飾り。注連縄 (しめなわ)、玉串、大麻 (祓串)、御幣 (ごへい) などに用いられる。
  • 相殿 (あいどの):複数の神を合わせて祀る社殿
  • 斎館:神官が神事の前に心身を清めるために籠る建物
  • 遷殿 (うつしどの):移築の際などに仮に御神体を祀る社殿
  • 神輿庫 (しんよこ):神輿を保管する蔵
  • 納札所 (のうさつじょ):古いお札やお守りを返納する場所
  • 社務所:神職や巫女が詰めており、受付や案内、お札やお守りの授与などを行う場所。
  • 地車蔵:地車 (だんじり)を保管する蔵
  • 透塀 (すきべい):透かし造りの木製囲い/フェンス (fence)
  • 垣根:竹や植木で作られた囲い。竹垣、生垣の総称。
  • 冠木鳥居/冠木門:木製の鳥居あるいは門。冠木 (かぶき) とは鳥居や門の横木のこと。
  • 明神鳥居:最も一般的にみられる鳥居の形式。木製で朱塗りであることが多い。
  • さざれ石/細石:多数の小石の隙間が年月を経て石灰質で埋まって形成された岩石。本来は細かい石のことを云ったが、日本国家の「君が代」で詠われる巌 (いわお) がこのような岩を指すとして岩石の名称として一般的になった。
  • 三ツ鳥居/三輪鳥居
  • 跳び狛犬:屋根の上に配置される飛び跳ねた格好の狛犬

参考:

神社用語集1 境内にあるモノや施設の名称や役割や使い方など | 秋華神社情報

神社用語集2 境内にあるモノや施設の名称や役割や使い方など | 秋華神社情報

神社用語集3 境内にあるモノや施設の名称や役割や使い方など | 秋華神社情報

鞆 (とも)

鞆 (とも) とは、弓を射る時に左手首の内側につけて、矢を放ったあと弓の弦が腕や釧に当たるのを防ぐ道具である。古語では「ほむた・ほむだ」といい、鞆という字は国字である。

紋様の一つの巴 (ともえ) は、鞆の形を図案化して作られたとも、逆に鞆の形に似ていたため「ともえ」という名前になったとも、また、鞆によく描かれた紋様であるからとも言う。

—— Wikipedia

参考:

鞆 – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です