コマンドライン

公式サイト:

Command Line Arguments | Blender Manual [Official]

オプション

  • -b / --backgroundバックグラウンドで実行する。
  • -a / --render-animアニメーションをレンダリングする。
  • -f / --render-frame静止画をレンダリングする。
  • -s / --frame-startアニメーションの開始フレーム
  • -e / --frame-endアニメーションの終了フレーム
  • -j / --frame-jump何フレーム毎にレンダリングするかを指定する。
  • -s / --sceneレンダリングするシーンを指定する。
  • -o / --render-output出力パスを指定する。
  • -p / --python指定した Python スクリプトを実行する。
  • --python-expr与えた文字列を Python 文として実行する。

参考:

Command Line | wiki.blender.jp

Command Line Arguments | Blender Manual [Official]

コマンドラインからレンダリングを実行する

-b オプションを指定してバックグラウンドで起動し、-a オプションを指定してアニメーションをレンダリングする。開始フレームと終了フレームを -s 及び -e オプションで指定する。

>"C:\Program Files\Blender Foundation\Blender 3.0\blender.exe" test.blend -b -s 1 -e 240 -a

参考:

Blender のコマンドラインレンダリング  | CGBeginner たてはま

起動時オプション | blendstudy (blendstudy.readthedocs.io)

レンダリングのバッチ処理 | Blender Cycles memo

Setting render options from the command line – Blender Stack Exchange

静止画をレンダリングする

"C:\Program Files\Blender Foundation\Blender 3.0\blender.exe" ^
    --background ^
    "Path\To\File.blend" ^
    --scene "Scene" ^
    --render-output "//Render\\frame_" ^
    --render-format PNG ^
    --render-frame 1

アニメーションをレンダリングする

"C:\Program Files\Blender Foundation\Blender 3.2\blender.exe" ^
    --background ^
    "Path\To\File.blend" ^
    --scene "Scene" ^
    --render-output "Path\\To\\Output Directory\\" ^
    --frame-start 1 --frame-end 240 --frame-jump 2 ^
    --render-anim

GPU でレンダリングする

参考:

Rendering on command-line with GPU? – Blender Stack Exchange

Configuring .blend file for remote machine GPU rendering – Blender Stack Exchange

How do I force the netrender to render everything on GPU? – Blender Stack Exchange

sets Compute Device (CUDA) but doesn’t use it for actual render (on EC2 GPU Instance) – Blender Stack Exchange

GPU rendering via CLI not working in 2.81 – Blender Stack Exchange

Render on GPU from command line on Ubuntu server – Blender Stack Exchange

How do I do GPU rendering from the Command Line? – Blender Stack Exchange

スクリプトを実行する

こちらのページを参照

参考:

3D モデルから 2D 画像を自動生成する方法について – Qiita

Python を使ったバッチ処理まとめ | Jun Ito

初期状態で起動する

プリファレンスが初期状態の Blender を起動するには、コマンドプロンプトから --factory-startup オプションを付けて起動する。初期状態で有効なアドオン以外は読み込まれず、スタートアップファイルも初期状態のものが読み込まれる。

>"C:\Program Files\Blender Foundation\Blender 3.2\blender.exe" --factory-startup

参考:

Misc Options | Blender Manual [Official]

Start Blender with all addons disabled temporarily? – Blender Artists Community

ログオプション

参考:

Logging Options | Blender Manual [Official]

デバッグオプション

参考:

Debug Options | Blender Manual [Official]

logging operators? – Blender Artists Community

FFmpeg で画像を連結して動画に変換する

こちらのページを参照


Windows

コマンドプロンプトで実行する。

>"C:\path\to\ffmpeg.exe" ^
    -framerate 24 -start_number 1 ^
    -apply_trc iec61966_2_1 -i "%%04d.exr" ^
    -vcodec libx264 -preset slow -crf 21 ^
    -pix_fmt yuv420p -movflags +faststart ^
    -r 24 output.mp4
Mac / Linux

シェルのプロンプトで実行する。

$ ffmpeg -framerate 24 -start_number 1 \
    -apply_trc iec61966_2_1 -i %04d.exr \
    -vcodec libx264 -preset slow -crf 21 \
    -pix_fmt yuv420p -movflags +faststart \
    -r 24 output.mp4
入力オプション

入力ファイルの前に指定する。

  • -framerate入力画像のフレームレートを指定する
  • -start_number開始フレームを指定する (デフォルト1)
  • -apply_trc iec61966_2_1OpenEXR 画像 (.exr) の色空間を sRGB に変換する
変換オプション

入力ファイルの後に指定する。

  • -vframes出力フレーム数を指定する (※出力フレームレートで換算)
  • -vcodec libx264H.264 でエンコードする
  • -presetH.264 エンコードのプリセットを指定する (デフォルトmedium)
  • -crf固定品質モード (CRF) の品質を指定する (1828/デフォルト23)
  • -pix_fmt yuv420p色情報を YUV420 でエンコードする (一部のプレイヤーは YUV420 でないと再生できない)
  • -movflags +faststartメタ情報を先頭に配置して、再生をすぐに開始できるようにする
  • -vf reverse再生方向を逆転する
  • -r出力動画のフレームレートを指定する

参考:

H.264 でエンコード | tech.ckme.co.jp

x264 の CRF 値はどれくらいが適切なのか? | もにっき

H.264 Video Encoding Guide | FFmpeg wiki [Official]

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA