使い方

前提

  1. VSCode をインストールする。
  2. 拡張機能の「Remote Development」または「Remote – WSL」の何れかをインストールする。

WSL のコマンドプロンプトからカレントディレクトリを VSCode で開く。

$ code .

参考:

VSCode × WSL で Windows 上に Linux 開発環境を構築 – Qiita

Visual Studio Code の「Remote – WSL」がめちゃくちゃ便利 | しょぼんブログ

Windows Subsystem for Linux で VS Code の使用を開始する | Microsoft Docs [公式]

Work in Windows Subsystem for Linux with Visual Studio Code | Documentation for Visual Studio Code [Official]

sudo 権限で編集する

参考:

VSCode in WSL: how to sudo a root file so I can edit it – Stack Overflow

Tips

参考:

VS Code Remote Development を快適に使う トラブルシュート編 – Qiita

Remote Development

参考:

Remote Development | Visual Studio Marketplace [Official]

Remote – WSL

参考:

Remote – WSL | Visual Studio Marketplace [Official]

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です