空白を含むパスを xarg コマンドに渡す

git コマンドに -z オプションを指定し、xarg コマンドに -0 オプションを指定する。

$ git diff --name-only --diff-filter=A -z | xarg -0 git add

参考:

Using git diff with xargs -0, spaces in file names – Super User

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です