CityGen3D

OpenStreetMap の地図データ、及び、NASA が Earthdata として提供している地形データを使用して、実空間を基にした地形/道路/建物を生成する。

公式サイト:

CityGen3D – Procedural Scene Generation in Unity [Official]

購入

入手:

CityGen3D | Unity Asset Store [Official]

インストール

Package Manager から次のパッケージをインストールする。

  • Burst
  • Editor Coroutines
  • Post Processing

使い方

  1. 新規シーンを開く。
  2. メニューから「Tools > CityGen3D > Data」 (Ctrl + T) を選択して、「Data」ウィンドウを開く。
  3. 「Location」タブの「Settings」パネルでオプションを設定し、「Download」ボタンを押してデータをダウンロードする。
  4. 「Processing」パネルでオプションを設定し、「Process」ボタンを押してマップを生成する。
  5. 「Generator」パネルで「Generator Profile」を選択し、「Load Generator」ボタンを押してジェネレーターを読み込む。
  6. 「Run Generator」ボタンを押してジェネレーターを実行し、3D モデルを生成する。

メニュー

「Tools > CityGen3D」

  • Data「Data」ウィンドウを開く (Ctrl + T)
  • Generator「Generator」ウィンドウを開く (Ctrl + G)
  • Load Available Scenesシーンを読み込む (Ctrl + L)
  • Toggle Map Viewマップビューに切り替える/ビューを戻す (Ctrl + M)
  • Toolbarツールバーを表示する (Ctrl + H)

Data

Location
  • Settings設定
    • Data Sourceデータソース
      • Downloadダウンロード
        • Name名前
        • OSM URL
        • Terrain Sizeテラインの大きさ
          • Very Small (128 m × 128 m)
          • Small (256 m × 256 m)
          • Medium (512 m × 512 m)
          • Large (1024 m × 1024 m)
        • Area (範囲1 ~ 8)
        • Axis (範囲8 ~ 1024)
        • Recursion再帰ダウンロードの適用方法
          • Completed Ways部分的に含まれる形状を完全にダウンロードする
          • Completed Ways and Relations部分的に含まれる形状及びそのリレーションをダウンロードする
        • Latitude緯度
        • Longitude経度
        • Tileタイルの開始位置 (デフォルト0, 0)
        • Scenes Folderシーンフォルダ (デフォルトScenes)
        • Terrains Folderテラインフォルダ (デフォルトTerrains)
        • Database Folderデータベースフォルダ (デフォルトDatabase)
        • Downloadダウンロードを実行する
      • Databaseデータベース
        • Assetデータベースアセットを指定する
      • XML
      • Custom
  • Processingマップ生成
    • Filter適用する処理を指定する (デフォルトAll)
      • Coastline海岸線
      • Buildings建物
      • Entities単一のノードで表される構造物 (ポスト、ゴミ箱、ベンチなど)
      • Features一連のノードで表される構造物 (線路、柵、壁など)
      • Trees樹木
    • Arc Tolerance円弧の許容誤差/小さいほど形状を滑らかになり、大きくすると低ポリゴンとなる
    • Coastline GeoJSON海岸線の形状データを指定する (GeoJSON 形式)
    • Default Surfaceデフォルトの地表 (デフォルトGrass)
    • Auto Clear既存のマップを自動的に消去する (デフォルト有効)
    • Clear既存のマップを消去する
    • Processマップを生成する
  • Generatorモデル生成

Generator

  • HeightMap
    • Terrains
      • Sava As Scenes
      • Generate Terrains
      • Convert to Scenes
    • Settings
      • Data Provider
        • NASA
          • NASA URL
          • NASA Username
          • NASA Password
          • Interpolation
            • Bilinear
            • Bicubic (デフォルト)
            • Nearest Neighbor
          • Sampling
            • Raw
            • Filtered (デフォルト)
          • Offset X / Y (デフォルト0, 0)
          • Auto Range (デフォルト無効)
          • Download Heightmap
        • Perlin Noise
          • Perlin Scale
          • Perlin Offset X / Y (デフォルト0, 0)
      • Peak (デフォルト500)
      • Nadir (デフォルト-50)
      • Apply Heightmap
  • Water
  • SplatMap
  • Highways
  • Buildings
  • Roadside
  • Entities
  • Features
  • Trees
  • Detail

モジュール

  • Data
  • Heightmap
  • Splatmap
  • Roads
  • Buildings
  • Roadside
  • Entities
  • Features
  • Trees
  • Detail

サーフェス

  • Allotments
  • Cemetry
  • Commercial
  • Construction
  • Farmland
  • Footpath
  • Forest
  • Grass
  • Industrial
  • Meadow
  • Park
  • Railway
  • Residential

Splatmap

  • Asphalt
  • Grass Wild
  • Grass Leaves
  • Ballast
  • Cobbles
  • Rock
  • Mud
  • Gravel
  • Straw
  • Sand
  • Pavement
  • Herringbone
  • Paving Tiled
  • Asphalt Cracked
  • Grass Dandelion

参考:

Splatmap | CityGen3D [Official]

エンティティ (Entities)

単一のノードで表される構造物 (ポスト、ゴミ箱、ベンチなど)

参考:

Entities | CityGen3D [Official]

フィーチャー (Features)

一連のノードで表される構造物 (線路、柵、壁など)

参考:

Features | CityGen3D [Official]

樹木 (Trees)

参考:

Trees | CityGen3D [Official]

草花 (Detail)

参考:

Detail | CityGen3D [Official]

海岸線 (Coastline)

  1. Land Polygons」ページにアクセスして、世界測地系 (WGS84) の陸地形状がベクトル化されたシェイプファイルの、ポリゴンが分割されたデータ (large polygons are split, use for larger scales) をダウンロードする。(→ land-polygons-split-4326.zip)
  2. mapshaper」にアクセスし、ZIP ファイルを解凍して得られるシェイプファイル (land_polygons.shp) をドラッグアンドドロップで読み込ませる。「detect intersections」及び「snap vertices」は不要なのでチェックを外し、「Import」ボタンを押して形状データをインポートする。
  3. 右上のメニューから「Console」を選択して、コンソールを開く。
  4. コンソールのプロンプトに -clip コマンドを入力して、形状をクリッピングする。
    -clip bbox=MinLon,MinLat,MaxLon,MaxLat
  5. -o コマンドを入力して、GeoJSON 形式でエクスポートする。
    -o format=geojson
  6. 保存した JSON ファイルをプロジェクトに取り込み、「Data」ウィンドウで「Location > Processing > Coastline GeoJSON」に割り当てる。

ツール:

mapshaper

参考:

Land Polygons – Data Derived from OpenStreetMap | FOSSGIS

フォーラム

CityGen3D – Procedural city generation from map data | Unity Forum

チュートリアル

Quick Start

Custom Map Workflow

Landscape Manager Tutorial

Building Editor

Earthdata

Login

公式サイト:

Earthdata | NASA [Official]

参考:

Login – Earthdata | NASA [Official]

User Registration – Earthdata | NASA [Official]

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA