curl コマンド

URL を指定してリクエストを送信し、レスポンスを表示する、あるいは、ファイルをダウンロードするコマンド。HTTP や FTP など主立ったネットワークプロトコルをサポートしている。

参考

cURL – Wikipedia

使い方

参考

curl コマンド 使い方メモ – Qiita

curl コマンドで API を叩く – Qiita

curl コマンド | コマンドの使い方 | hydrocul のメモ

curl コマンドで覚えておきたい使い方14個 | 俺的備忘録 なんかいろいろ

オプション

  • -Lリダイレクト先にリクエストを再送信する
  • -Oダウンロード/レスポンスをファイルに保存する
  • -oファイル名を指定してレスポンスを保存する
  • -fリクエストが失敗した場合にエラーを表示しない
  • -s進捗を表示しない

参考

よく使う curl コマンドのオプション – Qiita

よく使う curl コマンドのオプションまとめ14個 – Qiita

curl オプション覚え書き | karakaram-blog

curl のオプション勉強したのでまとめ | うまいぼうぶろぐ

逆引き curl コマンドのオプション一覧 | 瀬戸内の雲のように

curl コマンド – さまざまなプロトコルでファイルをダウンロード (転送) する | @IT

man

参考

curl(1) | Linux Manual Page (man7.org)

curl(1) – transfer URL | Linux Man Page (die.net)

curl man page | Massachusetts Institute of Technology (MIT)

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です