アラビア語

参考:

アラビア語 – Wikipedia

概要

参考:

アラビア語 | ドーハ日本人学校

アラビア語 | 大東文化大学 国際関係学部

チャレンジ41か国語/外務省の外国語専門家インタビュー アラビア語専門家 榎下さん | 外務省

アラビア語 | コトバンク

書体

  • クーフィー体クルアーンを書き記すために用いられた初期の書体。横に短く、折れ曲がりは角張っており、長い縦棒と小さな丸い点が特徴的。
  • ナスフ体クーフィー体に代わって文章を早く転写するために生じた書体。フォントとして一般的に用いられている。
  • スルス体大きく流麗な筆記体で、「カリグラフィー (書法) の母」と呼ばれている。各文字の三分の一が傾斜しており、「スルス」は「三分の一」という意味で書体名の由来となっている。
  • ルクア体手書きで広く一般的に用いられる書体。トルコでは「オスマン書体」として知られている。
  • ナスタアリーク体

参考:

イスラームの書法 – Wikipedia

クーフィー体 – Wikipedia

ナスフ体 – Wikipedia

スルス体 – Wikipedia

ナスタアリーク体 – Wikipedia

ムハッカク体 – Wikipedia

教材

参考:

アラビア語独習コンテンツ | 大阪大学世界言語eラーニングサーバ

翻訳

参考:

アラビア語 | Google 翻訳

アラビア語翻訳 | エキサイト

記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA