特殊フォルダ

参考:

shell コマンドで開く特殊フォルダの一覧 | Tipsfound

ユーザーフォルダ

次の場所をエクスプローラで開く。

shell:profile

ユーザーフォルダは通常次の場所に作成される。環境変数 %USERPROFILE% で参照できる。

C:\Users\[User Name]

参考:

ピリオド「.」でユーザーフォルダが開く?ユーザーフォルダを開く 5種類の方法 | @IT

LocalAppData

環境変数 %LOCALAPPDATA% が参照するフォルダ

C:\Users\[User Name]\AppData\Local

参考:

LocalAppData にアプリケーションをインストールするという選択 | meg_nakagami の日記

Windows 10 で AppData が見つからないときの対処法 | ジャスノート

AppDataPaths.LocalAppData Property | Microsoft Docs [Official]

%localappdata% where is it? – MSDN フォーラム

環境変数で参照する

こちらのページを参照

参考:

各ユーザーフォルダの環境変数 | ビボ~6

環境変数の一覧と既定値 | Tipsfound

環境変数一覧 | あみだがみねのもろもろ備忘録

Windows 10 の環境変数の一覧と調べ方。便利な使い方も解説 | 己で解決!泣かぬなら己で鳴こうホトトギス

最近使った項目

次の場所をエクスプローラで開く。

shell:recent

参考:

History of opened folders in File Explorer – Super User

最近使ったフォルダ

次の場所をエクスプローラで開く。

shell:::{22877A6D-37A1-461A-91B0-DBDA5AAEBC99}

参考:

最近使ったフォルダーを表示する | プレゼンステーション (presenstation.com)

Windows10 で最近使ったフォルダーを表示 | パソコンサポートの 00H

Restore Recent Places to Windows 10? – Microsoft Community

一時フォルダ (Temp)

システム一時フォルダ

ユーザーがログインしていない場合、あるいはシステムサービスなどで使用される。

  • %windir%\TempC:\Windows\Temp
ユーザー一時フォルダ

ユーザーがログインしている場合にアプリケーションで使用される。

  • %USERPROFILE%\AppData\Local\TempC:\Users\[User Name]\AppData\Local\Temp

参考:

Windows の TEMP / TMP フォルダの場所を変更する | @IT

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA