簡体字/繁体字

簡体字 (Simplified Chinese)

1950年代に中華人民共和国で「文字改革」に伴って制定された文字。従来の漢字を簡略化した字体が特徴となっている。中国本土、シンガポール、マレーシアで使用されている。

繁体字 (Traditional Chinese)

中国伝統の漢字で、系統的な簡略化がなされておらず画数が多いことが特徴となっている。台湾、香港、マカオで使用されている。

参考:

中国語の簡体字と繁体字の違いは何ですか? | QR Translator

簡体字と繁体字の違いとは?地域・言語・表記の違いを分かりやすく解説! | 日本コンベンションサービス株式会社

簡体字 – Wikipedia

繁体字 – Wikipedia

文字改革 | コトバンク

記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です