絞り (F値)

値が小さい方が絞り羽根が大きく開かれる。絞り羽根を全開にした時のF値はレンズにより固有の値があり、「開放F値」と呼ばれる。

  • 絞り羽根が開かれて全体的に明るくなり、焦点以外が大きくボケるようになる。
  • 絞り羽根が閉じられて全体的に暗くなり、焦点が合う範囲が広がる。

F値を 1.414 倍にすると明るさは半減し、0.707 倍にすると明るさは2倍になる。実際のレンズでは、F値をある値より大きくすると光の回折により画質が悪くなるため、現実的に使用できる値は上限が存在する。

F値は等比数列を用いて調整するとよい。現実的なレンズでは、F1F22 の範囲が主に使用される。

F1 F1.4 F2 F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16 F22

また、レンズによって解像度が最大となるF値が存在するため、高解像度の写真を撮影したい場合はF値がその値となる付近でF値、シャッター速度、ISO感度、露出の組み合わせを決めて撮影することが求められる。

参考:

F値 (絞り) とは?カメラ撮影時に覚えておくべき設定を解説 | GooPass MAGAZINE

F値 (絞り値) を完全マスター!写真の絵作りに最も効果的で重要なカメラの設定 | etoile studio

夜景

参考:

一眼レフ初心者でもできる!夜景を綺麗に撮るためのコツ | GooPass MAGAZINE

夜にしか撮れない写真がある!街・光跡・自然・室内・人・工場を魅力的に写す秘訣 | NICO STOP

長時間露光

参考:

光跡夜景の撮り方の基本とおすすめスポット 7選/長時間露出で光の軌跡を写し撮る! | NICO STOP

長時間露光で素晴らしい写真を撮るための7つのヒント | Canva

減光フィルター

  • シャッター速度を遅くして、動く被写体にブラーを掛ける。
  • F値の上限で対応できない場合に、露出オーバーを回避する。
  • F値を小さくして焦点外をボカす場合に、シャッター速度の限界で露出オーバーを回避する。

参考:

ND フィルターでプロ並み写真が撮れる | ケンコー・トキナー

カメラバッグ/レンズケース

参考:

f-stop ICU – キャンプや旅行でカメラ機材の運搬に超便利/一番人気の Large サイズを追加購入しました! | カシャッとな

記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です