JSON を出力する方法

to_json

参考:

Rails で関連するモデルを to_json で指定して出力 | jin のログ

Rails で複数テーブルの json データを一度に返したい。| at backyard

Ruby の Hash 型を json モジュールの to_json を使うときに気をつけたいこと | DevelopersIO

How to override to_json in Rails? – Stack Overflow

as_json

参考:

続 json 出力のカスタマイズ as_json を使う | リンゴの水やり?

ActiveRecord で to_json や as_json などする時に出力されるフィールドを隠す – Qiita

How to override to_json in Rails? – Stack Overflow

to_json / as_json / from_json

参考:

to_json vs as_json in Rails API | Red Panthers

render

参考:

model から取得したデータを json 化して view に出力したいぞ – Qiita

Rails のモデル関係と to_json (to_xml) | すがブロ

respond_to

class UsersController < ApplicationController
  def show
    @user = User.find(params[:id])
    respond_to do |format|
      format.html
      format.json { render json: @user }
    end
  end
end

参考:

respond_to について調べてみた | DevelopersIO

respond_to – ActionController::MimeResponds | Ruby on Rails API [Official]

respond_to | Railsドキュメント (railsdoc.com)

renspond_with

Rails 4.2 で responders gem として分離された。

class UsersController < ApplicationController
  respond_to :html, :json

  def show
    @user = User.find(params[:id])
    respond_with @user
  end
end

参考:

respond_with メソッドを使うと処理を DRY に記述できる | sasata299’s blog

respond_with を使って、リクエストの Content-Type を限定する | omfg

respond_with について – Qiita

続 json 出力のカスタマイズ as_json を使う | リンゴの水やり?

respond_with とクラスレベルの respond_to の扱いについて | Rails ガイド [公式]

API のレスポンスとして JSON を返す

参考:

Rails API 開発における JSON レスポンス生成方法と内部実装について | freedom-man

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です