地図

概要

種類
  • 白紙の地図 基本的な地図 (プレイヤーの周囲の地形が記録されていく)
  • まっさらな地図 現在地が表示される地図 (紙及びコンパスから作成する)

参考:

地図 | Minecraft Wiki

使い方

「白紙の地図」または「まっさらな地図」を使用すると、地図の記録が開始される。拡大レベル 0 の場合、128 ブロック毎に区切られたエリアが記録される。拡大レベルが上がる度に縮尺が 1/2 になり、最大 4 レベルまで地図を拡張することができる。

参考:

地図について解説!使い方や拡張方法/覚えておきたいことなど | ひきこもろん

地図の作り方や拡張/コピー/固定する方法/飾り方を解説/拠点づくりや地図絵の参考に | ゲームを語るブログ

地図ってなに?空っぽの地図とまっさらな地図の使い方と違い、複製と拡張の仕方!! | 効率良く遊ぶ統合版マインクラフト攻略ブログ

白紙の地図の入手方法と使い方 | ゲームエイト

地図の作り方と拡張方法 | ゲームエイト

複製

製図台に使用している地図と白紙の地図を配置すると、地図を複製することができる。複製された地図は、以後完全に同期して更新される。また、マルチプレイ時に複製した地図を別々のプレイヤーが持つと、互いに位置を知ることができる。

拡張

地図に紙を追加すると、より広域を記録できる大きな地図ができる。その際には、記録された領域はリセットされる。広域の地図が欲しい場合は、最初から大きな地図を作成して全ての領域を記録していく必要がある。拡大レベルは最初 0 で、拡大する度に 1 ずつ上がり、最大 4 レベルまで上げられる。拡大レベルが上がる度に縮尺が 1/2 になり、最大 4 レベルまで地図を拡張することができる。最大の拡大レベル 4 では縮尺は 1/16 となる。

拡大レベル
  • 0 縮尺 1/1 (一辺 128 ブロック)
  • 1 縮尺 1/2 (一辺 256 ブロック)
  • 2 縮尺 1/4 (一辺 512 ブロック)
  • 3 縮尺 1/8 (一辺 1024 ブロック)
  • 4 縮尺 1/16 (一辺 2048 ブロック)

額縁

記入済みの地図を額縁に飾ると、飾られた状態で地図を確認できる。格子状に記録された地図を並べることで広い範囲の地図をタイリングして閲覧できる。

額縁に入れるとその位置が地図上に緑色のマークで表示され、複製した全ての地図上で確認できる。位置を記録したい場所で、複製した地図を額縁に入れておくとよい。

※額縁から外しても緑のマークが消えないバグがあったが、v1.21 で解消された。

参考:

Placing a map into an item frame and removing it does not remove the green player marker (MC-252817) – Minecraft Bug Tracker

製図台

地図をクラフト/複製/拡張する際に、製図台で行うと作業台で行うよりも材料を大幅に節約できて圧倒的にお得である。

参考:

製図台の作り方や使い道を解説/地図を活用するなら必須のブロック | ゲームを語るブログ

製図台の作り方と使い方 | ゲームエイト

製図台 | Minecraft Wiki

製図家

取引で入手できる地図
  • 海洋神殿の地図
  • 森の洋館の地図
  • トライアルチャンバーの地図

参考:

製図家の職業ブロックと取引内容 | ゲームエイト

探検家の地図 | Minecraft Wiki

宝の地図

参考:

地図の作り方と宝の地図の紹介!マイクラ方向音痴の強い味方 | マイクラゼミ

記事

一番範囲の広い地図を作る | マインクラフトてんやわんや開拓記

これまでの開拓まとめ #1601 ~ #1700 | マインクラフトてんやわんや開拓記

地図を作りました | そろそろ Minecraft

動画

最大マップ100枚埋めてみた (たづまらい)

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Protected by reCAPTCHA