git config コマンド

参考:

git-config | Git Documentation [Official]

使い方

設定を一覧で確認する。

$ git config --list

もしくは、--list の短縮オプション -l を使う。

$ git config -l

リポジトリの設定を確認する。

$ git config --local --list

ユーザー毎に全リポジトリに適用されるグローバル設定を確認する。

$ git config --global --list

全ユーザーに適用されるシステムの設定を確認する。

$ git config --system --list

どこで設定されているかを含めて一覧で確認する。

$ git config --show-origin --list

参考:

gitconfig の基本を理解する – Qiita

Gi tの設定を git config で確認・変更 | note.nkmk.me

git の設定が影響する範囲 (system / global / local) | らくがきちょう

最初の Git の構成 | Pro Git book [公式]

ユーザーの設定

コミット時に使われるユーザー名とメールアドレスを全リポジトリ共通で設定する。

$ git config --global user.name my_name
$ git config --global user.email user@example.com

コミット時に使われるユーザー名とメールアドレスの全リポジトリ共通の設定を確認する。

$ git config --global user.name
$ git config --global user.email

参考:

とりあえず .gitconfig をいじっとけという話。| ばいばいバイオ (kimoton.com)

リポジトリ毎にユーザーアカウントを使い分ける

コミット時に使われるユーザー名とメールアドレスをリポジトリ内で設定する。

$ git config --local user.name my_name
$ git config --local user.email user@example.com

コミット時に使われるユーザー名とメールアドレスのリポジトリにおける設定を確認する。

$ git config --local user.name
$ git config --local user.email

参考:

複数の git アカウントを使い分ける – Qiita

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です