location の取り扱い

location

URL で指定したページへ移動する。

window.location = 'https://example.com'

参考:

Window.location – Web API | MDN

JavaScript で URL を遷移させる方法 – Qiita

JavaScript で指定した URL にページ遷移する方法 – Qiita

JavaScript で別ページに移動させる方法 | SYNCER

JavaScript location.href について | 酒と涙とRubyとRailsと

window.location を試してみよう – Qiita

location オブジェクト一覧|window.location オブジェクト|PHP & JavaScript Room

window.location と location って何か違うの? | at softel メモ

location.href | JavaScriptリファレンス

Location.href – 完全なURLを取得、変更する | SYNCER

URL 情報 (location) 操作 | JavaScript まとめ

JavaScript Window Location | W3Schools

Location href Property | W3Schools

相対パスで location を指定する

上の階層のディレクトリに移動する。

window.location = '../'

ルートからのパスを指定する。

window.location = '/path/to/contents'

参考:

Redirecting to a relative URL in JavaScript – Stack Overflow

how to do a relative path redirection using javascript? – Stack Overflow

リダイレクト

参考:

リダイレクトの方法 – Qiita

URL

参考:

URL の相対パスを解決する | nmm 実験室

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です