head コマンド

先頭から指定した行数を表示/処理する。

使用例

先頭15行を表示する。

$ cat input.txt | head -n 15

参考:

head – ファイルの先頭数行を表示 | Webkaru

head コマンド | hydrocul のメモ

ファイルの先頭から表示する head コマンドの詳細まとめ | エンジニアの入り口

tail コマンド

末尾から指定した行数を表示/処理する。

参考:

tail – ファイルの末尾数行を表示 | Webkaru

tail コマンド | hydrocul のメモ

tail コマンドについて詳しくまとめました | エンジニアの入り口

最後から指定した行数を削除する

ファイルから最後の3行を削除する。

$ cat input.txt | head -n -3 > output.txt

最初のコミットを除いて Git の履歴を表示する。

$ git log --oneline -- path/to/directory | head -n -1

参考:

sed でファイルの最終4行を消す処理について | 余白の書きなぐり

ファイルから先頭/末尾の数行を除外する | 俺的備忘録

先頭から指定した行数を除外する

5行目以降を表示する。

$ cat input.txt | tail -n +5

参考:

ファイルから先頭/末尾の数行を除外する | 俺的備忘録

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA