プロセス置換

  • <( ... ):コマンドの実行結果を一時的なファイルとして与える。
  • >( ... ):一時ファイルへの出力を指定したコマンドの標準入力として処理する。

2つのディレクトリでの ls コマンドの実行結果を比較する。

$ diff -u <( ls dirA ) <( ls dirB ) | colordiff

tee コマンドで分岐して標準出力とクリップボードへのコピーを行う。

$ git ls-files *.scss | tee >( pbcopy )

参考:

bash のプロセス置換機能を活用して、シェル作業やスクリプト書きを効率化する | 双六工場日誌

bash のプロセス置換 (Process Substitution) で中間ファイルを不要に | grep Tips *

bash のプロセス置換で遊んでみよう!| Raccoon Tech Blog

一時ファイル作成が不要になる「プロセス置換」| 小粋空間

無駄な一時ファイルを作らない | バイオインフォ 道場

FreeBSD で bash のプロセス置換を使う時の注意点 | 日々之迷歩

bash のプロセス置換を使ってみた | ablog

What’s the difference between <<, <<< and < < in bash? – Ask Ubuntu

Passing two arguments to a command using pipes – Super User

子プロセスの終了を待つ

参考:

Process Substitution と exec redirect で画面出力を加工するときの問題点と解決、そして無限に寝る話 – Qiita

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です