Minitest::Byebug の使い方

minitest-byebug を使うと、テストが失敗した時に byebug が起動するようにできる。

Gemfile に gem を追加する

group :development, :test do
  gem 'minitest-byebug', require: false
end

test_helper.rb で require する

require 'minitest/byebug' if ENV.fetch('DEBUG', false)

テストを実行する時に、環境変数の宣言で byebug の有効化を切り替えられる

$ DEBUG=1 rails test

参考:

kaspth/minitest-byebug: Start a byebug session on test failures. – GitHub

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です