Pry

参考:

Pry – an IRB alternative and runtime developer console [Official]

pry/pry: An IRB alternative and runtime developer console – GitHub

関連 Gems

  • pry-railsrails console コマンドで Pry が起動し、show-routes などの Rails 用のコマンドが使える。
  • pry-byebug:コード内で binding.pry を呼び出した箇所で Pry が起動し、その場で変数の値を確かめたりステップ実行したりできる。
  • pry-docshow-method が拡張されて C 言語で書かれたメソッドのコードやドキュメントを表示できるようになる。
  • pry-rescue:ハンドルされなかった例外を捕捉して Pry を起動する。
  • pry-stack_explorer:停止した箇所でスタックフレームを一覧表示したり、スタックフレームを上下に移動することができる。(pry-byebug はそれ自体に同様の機能を持ち、非互換。)

参考:

rweng/pry-rails: Rails >= 3 pry initializer – GitHub

deivid-rodriguez/pry-byebug: Step-by-step debugging and stack navigation in Pry – GitHub

pry/pry-doc: Provide MRI Core documentation and source code for the Pry REPL – GitHub

ConradIrwin/pry-rescue: Start a pry session whenever something goes wrong. – GitHub

pry/pry-stack_explorer: Walk the stack in a Pry session – GitHub

使い方

# Gemfile
group :development, :test do
  gem "pry"
  gem "pry-rails"
  gem "pry-byebug"
  gem "pry-doc"
  gem "pry-rescue"
  gem "pry-stack_explorer"
end

Rails コンソール (Pry) を起動する。

$ rails c

参考:

Rails で Pry を使う – Qiita

デバッガことはじめ – Qiita

rails console を使いやすくする | もた日記

Pry を使って Rails のコンソールをパワーアップ & デバッグをする | Rails Webook

コマンド

ヘルプを表示する。

> help

コマンドのヘルプを表示する。

> help show-doc

ルーティング一覧を表示する。

> show-routes

メソッドのソースコードを表示する。

> show-method String#split

Rails のルーティングの一覧を表示する。

> show-routes

Rails のルーティングの一覧を grep して表示する。

> show-routes --grep users

Rails のモデルの一覧を表示する。

> show-models

Rails のモデルを指定して表示する。

> show-model User

定数をリロードする。

> reload!

参考:

pry の使い方 | liberta-web blog

Pry が真の力を発揮してくれる19個のコマンドとコマンドの自作方法 | 酒と涙とRubyとRailsと

pry-byebug を使って Rails アプリをステップ実行する | Hack Your Design!

pry-byebug で ruby をデバッグする – Qiita

今更聞けない pry の使い方と便利プラグイン集 – Qiita

Pry の簡易的なコマンドまとめ – Qiita

Pry 上で Rails アプリのコードを読むために使える知識まとめ – Qiita

binding.pry

参考:

Debugging Rails with Pry Debugger | Jack Kinsella

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です