Puma

参考:

Puma – A Modern, Concurrent Web Server for Ruby [Official]

puma/puma: A Ruby/Rack web server built for concurrency – GitHub

ソース

DSL

Puma サーバーの設定を書くための DSL。

参考:

Class: Puma::DSL — Documentation for puma | RubyDoc.info

puma/dsl.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

puma-wild

Ruby のコマンドラインから直接起動するためのスクリプト。

参考:

puma/puma-wild at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

tmp_restart

rails restart もしくは、touch tmp/restart.txt によるサーバーの再起動を可能にするプラグイン。

プラグインを有効にするためには、config/puma.rb に次の記述を追加する。

plugin :tmp_restart

参考:

puma/tmp_restart.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::CLI

コマンドラインオプションを処理し、ランチャーを生成してランチャーに実行を移す。

参考:

puma/cli.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::Launcer

モードの設定、シグナル処理の設定を行い、起動・再起動・停止などをコントロールする。

参考:

puma/launcher.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::Launcher::#run

サーバーを起動する。ステータスに応じて、停止・再起動などを行う。

参考:

run – puma/launcher.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::Launcher::#restart!

on_restart フックを実行してから、再起動用のコマンドラインを準備して呼び出す。

参考:

restart! – puma/launcher.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::Server

Puma サーバーにおける HTTP リクエストの処理など、中心的な機能が実装されているクラス。

参考:

puma/server.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::Single

ランナークラスを継承してシングルモードを実装したクラス。シグナルの処理などが実装されている。

参考:

puma/single.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::Runner

Puma サーバーのランナークラス。共通の起動処理やログの出力などが実装されている。

参考:

puma/runner.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Puma::Util

補助的なメソッドをまとめたモジュール。

参考:

puma/util.rb at v3.12.0 · puma/puma – GitHub

Tagged:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です