CentOS にインストールする

参考:

CentOS 7.3 に Ruby 2.4.1 をインストールする – Qiita

CentOS7 に Ruby をインストール – Qiita

CentOS に rbenv, Ruby をインストールする – Qiita

CentOS に rbenv をインストール – Qiita

ruby-build, rbenv のインストール方法 – Qiita

ソースからビルドする

参考:

Ruby 2.1.0 を自力でビルドする – Qiita

Ruby を最新ソースからインストール | CentOS サーバ構築術 文具堂

ruby ビルドガイド |『Rubyソースコード完全解説』サポートページ

How to install ruby without documentations – Qiita

./configure –disable-install-rdoc | てきとうなメモ

デバッグ用の Ruby をインストールする

tar.gz ファイルをダウンロードしてきて解凍する。

$ tar zxvf ruby-2.6.2.tar.gz
$ cd ruby ruby-2.6.2

configure のヘルプを表示する。

$ ./configure –help

prefixoptflags を指定して configure を実行する。

$ ./configure \
  --prefix=/usr/local/rbenv/versions/2.6.2-debug \
  --disable-install-doc \
  optflags="-O0"

ビルドを実行する。

$ make -j V=1

インストールする。

$ make install

参考:

gdb を使った ruby のデバッグ | クックパッド開発者ブログ

Ruby 2.5 の SEGV と闘った話 | @watson1978 の日記

Mac で OpenSSL と readline をリンクさせる

Homebrew で OpenSSL と readline をインストールする。

$ brew install openssl readline

OpenSSL を更新する。

$ brew upgrade openssl readline

CONFIGURE_OPTS--with-xxx-dir オプションで OpenSSL と readline のディレクトリを指定してインストールする。

$ CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl) --with-readline-dir=$(brew --prefix readline)" rbenv install 2.6.2

上書きインストールする場合は -f を指定する。

$ CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline) --with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl)" rbenv install -f 2.6.2

参考:

Mac で ruby のバージョンアップ手順 | IT 業界のすみっこ暮らし

Mac に Ruby をソースからインストールする – Qiita

Mac で Ruby をインストールする | イソップブログ

mac でローカル環境の openssl をバージョンアップする手順 | INSIDE YUKARI

openssl のバージョン確認とアップデート – Qiita

homebrew で OpenSSL の脆弱性対策版を入れたので Ruby も更新させる | 別館 子子子子子子 はてブロ部

Configuring Ruby on MacOS with OpenSSL | Appfolio Engineering

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です