用語の意義

著作権法における用語の意義は第二条に定められている。

著作物
思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。
著作者
著作物を創作する者をいう。
自動公衆送信
自動公衆送信 公衆送信のうち、公衆からの求めに応じ自動的に行うもの(放送又は有線放送に該当するものを除く。)をいう。
送信可能化
次のいずれかに掲げる行為により自動公衆送信し得るようにすることをいう。

  • 公衆の用に供されている電気通信回線に接続している自動公衆送信装置(公衆の用に供する電気通信回線に接続することにより、その記録媒体のうち自動公衆送信の用に供する部分(以下この号及び第四十七条の五第一項第一号において「公衆送信用記録媒体」という。)に記録され、又は当該装置に入力される情報を自動公衆送信する機能を有する装置をいう。以下同じ。)の公衆送信用記録媒体に情報を記録し、情報が記録された記録媒体を当該自動公衆送信装置の公衆送信用記録媒体として加え、若しくは情報が記録された記録媒体を当該自動公衆送信装置の公衆送信用記録媒体に変換し、又は当該自動公衆送信装置に情報を入力すること。
  • その公衆送信用記録媒体に情報が記録され、又は当該自動公衆送信装置に情報が入力されている自動公衆送信装置について、公衆の用に供されている電気通信回線への接続(配線、自動公衆送信装置の始動、送受信用プログラムの起動その他の一連の行為により行われる場合には、当該一連の行為のうち最後のものをいう。)を行うこと。
プログラム
電子計算機を機能させて一の結果を得ることができるようにこれに対する指令を組み合わせたものとして表現したものをいう。
二次的著作物
著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物をいう。
共同著作物
二人以上の者が共同して創作した著作物であつて、その各人の寄与を分離して個別的に利用することができないものをいう。
複製
印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製することをいい、次に掲げるものについては、それぞれ次に掲げる行為を含むものとする。

脚本その他これに類する演劇用の著作物
当該著作物の上演、放送又は有線放送を録音し、又は録画すること。
建築の著作物
建築に関する図面に従つて建築物を完成すること。
頒布
有償であるか又は無償であるかを問わず、複製物を公衆に譲渡し、又は貸与することをいい、映画の著作物又は映画の著作物において複製されている著作物にあつては、これらの著作物を公衆に提示することを目的として当該映画の著作物の複製物を譲渡し、又は貸与することを含むものとする。

参考:

著作権法 | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

複製権

第二十一条 著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。

公衆送信権

第二十三条 著作者は、その著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行う権利を専有する。

2 著作者は、公衆送信されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利を専有する。

キャラクターの権利

  • キャラクターには肖像権も著作権もない。

著作権法 第二条 一 著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

  • キャラクターは「著作物」ではなく「意匠」として意匠法で保護されることになっている。
  • 著作権とはいわゆる「Copyright」であり、基本的に著作者保護のために複製の権限を制限するもの。贋作、海賊版、コピー商品の取締りが主な目的である。明らかにニセモノと解る物やパロディまでは排除しない。

例えば、Aが制作した物と全く同じ物をオリジナルでBが制作してもAはBを排除することはできない。なぜならコピーではないから。排除をしたければ特許権、意匠権、商標権などで登録しなければならない。これらは類似行為まで排除できる。

参考:

キャラクターの著作権について質問です。| Yahoo! 知恵袋

著作権法 | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

実は既にミッキーマウス (日本では) 自由に利用可能、著作権フリーかも? | 見えない道場本舗

とほほの著作権入門

Vtuber にこそ知ってほしい著作権 | のうめん

ディズニー

参考:

著作権・商標 | Disney.jp [公式]

プログラム

第十条 この法律にいう著作物を例示すると、おおむね次のとおりである。
(略)
九 プログラムの著作物
(略)

3 第一項第九号に掲げる著作物に対するこの法律による保護は、その著作物を作成するために用いるプログラム言語、規約及び解法に及ばない。この場合において、これらの用語の意義は、次の各号に定めるところによる。
一 プログラム言語 プログラムを表現する手段としての文字その他の記号及びその体系をいう。
二 規約 特定のプログラムにおける前号のプログラム言語の用法についての特別の約束をいう。
三 解法 プログラムにおける電子計算機に対する指令の組合せの方法をいう。

参考:

著作権法 | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

3D データ

論点1:知的財産権で保護されている物の3Dデータについて

欄外 注40 立体の著作物(フィギア等)を基に3Dデータを制作する場合、3DデータからCADソフト等を介して基の著作物を再生できるのであれば、当該3Dデータは著作物の複製物に該当すると考えられる。

論点2:知的財産権で保護されていない物の3Dデータについて

実際にある物をスキャンして3Dデータ化する行為については、事実情報の測定であり新たな権利を認めることの必要性・意義を見出すことは困難であること、大量の情報が生成される中で、3Dデータを権利で強く守ったとしてそれにお金を払う人がどれだけいるのか、権利を与えることの実効性の問題がある、といった観点から、現時点で何らかの法的保護を行う必要はないと考えられる。

—— 次世代知財システム検討委員会 平成28年 報告書

参考:

クローン文化財と3Dデータの著作権 | 五常総合法律事務所

検証・評価・企画委員会 | 首相官邸 ホームページ [公式]

ネット上でフリーに公開されている3dデータの使用権限について質問です – CLIP STUDIO ASK

同一性保持権

“同一性保持権”とは、著作物の内容等を、無断で変えさせない権利をいう(著作権法第20条第1項)。ただし、コンピュータプログラムについては、バグの修正やバージョンアップなど、必要な改変は許されている(著作権法第20条第2項第3号)。なお、同一性保持権は、著作者人格権であって、譲渡することはできない。

── 出典:weblio.jp

参考:

同一性保持権 – Wikipedia

同一性保持権とは | Weblio 辞書

同一性保持権 | 知的財産用語辞典

「森のくまさん」を追いかけろ – 替え歌と著作権法の気になる関係 | 骨董通り法律事務所

氏名表示権

第十九条 著作者は、その著作物の原作品に、又はその著作物の公衆への提供若しくは提示に際し、その実名若しくは変名を著作者名として表示し、又は著作者名を表示しないこととする権利を有する。その著作物を原著作物とする二次的著作物の公衆への提供又は提示に際しての原著作物の著作者名の表示についても、同様とする。

2 著作物を利用する者は、その著作者の別段の意思表示がない限り、その著作物につきすでに著作者が表示しているところに従つて著作者名を表示することができる。

3 著作者名の表示は、著作物の利用の目的及び態様に照らし著作者が創作者であることを主張する利益を害するおそれがないと認められるときは、公正な慣行に反しない限り、省略することができる。

4 (略)

複製物に別の名前を著作者として表示して頒布してはならない。

第百二十一条 著作者でない者の実名又は周知の変名を著作者名として表示した著作物の複製物(原著作物の著作者でない者の実名又は周知の変名を原著作物の著作者名として表示した二次的著作物の複製物を含む。)を頒布した者は、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

著作権の制限

著作権の制限について、著作権法第三十条から第五十条に定められている。

  • 私的使用のための複製(第三十条)
  • 付随対象著作物の利用(第三十条の二)
  • 検討の過程における利用(第三十条の三)
  • 技術の開発又は実用化のための試験の用に供するための利用(第三十条の四)
  • 図書館等における複製等(第三十一条)
  • 引用(第三十二条)
  • 教科用図書等への掲載(第三十三条)
  • 教科用拡大図書等の作成のための複製等(第三十三条の二)
  • 学校教育番組の放送等(第三十四条)
  • 学校その他の教育機関における複製等(第三十五条)
  • 試験問題としての複製等(第三十六条)
  • 視覚障害者等のための複製等(第三十七条)
  • 聴覚障害者等のための複製等(第三十七条の二)
  • 営利を目的としない上演等(第三十八条)
  • 時事問題に関する論説の転載等(第三十九条)
  • 政治上の演説等の利用(第四十条)
  • 時事の事件の報道のための利用(第四十一条)
  • 裁判手続等における複製(第四十二条)
  • 行政機関情報公開法等による開示のための利用(第四十二条の二)
  • 公文書管理法等による保存等のための利用(第四十二条の三)
  • 国立国会図書館法によるインターネット資料及びオンライン資料の収集のための複製(第四十二条の四)
  • 翻訳、翻案等による利用(第四十三条)
  • 放送事業者等による一時的固定(第四十四条)
  • 美術の著作物等の原作品の所有者による展示(第四十五条)
  • 公開の美術の著作物等の利用(第四十六条)
  • 美術の著作物等の展示に伴う複製(第四十七条)
  • 美術の著作物等の譲渡等の申出に伴う複製等(第四十七条の二)
  • プログラムの著作物の複製物の所有者による複製等(第四十七条の三)
  • 保守、修理等のための一時的複製(第四十七条の四)
  • 送信の障害の防止等のための複製(第四十七条の五)
  • 送信可能化された情報の送信元識別符号の検索等のための複製等(第四十七条の六)
  • 情報解析のための複製等(第四十七条の七)
  • 電子計算機における著作物の利用に伴う複製(第四十七条の八)
  • 情報通信技術を利用した情報提供の準備に必要な情報処理のための利用(第四十七条の九)
  • 複製権の制限により作成された複製物の譲渡(第四十七条の十)
  • 出所の明示(第四十八条)
  • 複製物の目的外使用等(第四十九条)
  • 著作者人格権との関係(第五十条)

参考:

著作物等の「例外的な無断利用」ができる場合 | 文化庁 [公式]

著作権法 | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

イラスト

イラストが著作権侵害になるケース

  • 元のイラストが著作物である
  • 元のイラストの著作権が存続している (著作者が存命もしくは死後50年以内)
  • 元のイラストを利用する権利を有していないこと
  • 新しく作成したイラストに依拠性があること
  • 新しく作成したイラストに類似性が認められること

参考:

5つのケーススタディで考える著作権侵害にならないイラストの使い方 | TOPCOURT LAW FIRM

フォント

書体の著作物性

  1. 従来の印刷用書体に比して顕著な特徴を有するといった独創性を備えること
  2. かつ、それ自体が美術鑑賞の対象となり得る美的特性を備えていなければならない

フォントプログラムの著作物性

海賊版のフォントプログラムを無断インストール販売した業者を損害賠償を求めてフォント販売会社が提訴した裁判で、著作権侵害が認定されて請求額とほぼ同額の支払いが命じられた判例がある。フォントプログラムは著作権法による著作物としての保護を受けると解される。

ロゴ/書道

イラストやアイコンなどの絵を含めたロゴ、あるいは、書道家の書は著作物として認められることがある。

  • イラストやアイコンなどの絵を含めたロゴ
  • 書道家の書

参考:

書体・フォントは知財として保護されますか?書体・フォント、及びフォントプログラムの著作物性について | 知財FAQ

著作物ではないけど著作物?!フォントの著作権 | 著作権のネタ帳

ややこしく分かりにくいフォントの著作権について、まとめてみる | 日野多磨工房

商用フォントを使ったロゴやタイトルの著作権はどうなるの? | Web 担当者 Forum

フォントに著作権はあるの? | WEB に関わる法律講座

ソフトウェアの無断インストール販売で大阪地裁が8,000万円の賠償認める判決 | ACCS

書体の著作権 | 武蔵システム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です