使い方

  • 数値標高モデル5m メッシュ/JPGIS 形式/国内のみ (→ 基盤地図情報)
  • 地球地図全球版標高第2版15 秒メッシュ/1 m 単位(→ 地理院地図)

参考:

Unity で国土地理院のデータを使って地形を作る – Qiita

楽して地形づくり | RIFTWORLD

海外も 3D 表示可能に/空中写真は全国シームレスに | 国土地理院 [公式]

概要

参考:

実在の地形データを Unity で利用する – Speaker Deck

OpenStreetMap (OSM)

参考:

OpenStreetMap の地形データを Unity で使える 3D データとして書き出す方法 – Qiita

まとめ

参考:

3D マップデータをゲットする (OSM2World / BlenderGIS / Mapbox) | トマシープが学ぶ

Heightmap from Texture

**OBSOLETE**

コード:

HeightmapFromTexture | Unify Community Wiki

参考:

Unity で国土地理院のデータを使って地形を作る – Qiita

AROW

公式サイト:

AROW [公式]

参考:

AROW のサンプルを開いた | トマシープが学ぶ

Terrain Prettifier

リポジトリ:

Fewes/TerrainPrettifier: A small GPU-based component designed to aid in cleaning and refining satellite/DEM based terrains directly inside Unity – GitHub

コード:

TerrainPrettifierEditor.cs – GitHub

シェーダー

コード:

TerrainPrettifier.shader – GitHub

TerrainPrettifier.cginc – GitHub

Erosion.cginc – GitHub

Shaders – GitHub

Hydraulic Erosion

動画:

Hydraulic Erosion Demo

Coding Adventure: Hydraulic Erosion

公式サイト:

Hydraulic Erosion | Sebastian Lague

リポジトリ:

SebLague/Hydraulic-Erosion – GitHub

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA