ライトプローブ

ベイク済み GI を使用する際に動的なオブジェクトが GI の影響を受けるために必要となる。プローブ位置において GI の影響を事前計算しておき、実行時に補間することで動的なオブジェクトに対する GI の影響を計算する。また、LOD を使用するオブジェクトに GI を適切に反映するためにも用いられる。

公式サイト:

移動するオブジェクトのためのライトプローブ | Unity マニュアル [公式]

使い方

参考:

Light Probe で Dynamic なオブジェクトにも間接光を影響させる | LIGHT11

Unity のライトプローブについて | かめくめ

導入

参考:

Unity の Light Probes を手軽にセッティングする | テラシュールブログ

Light Probe は我らに光を与える | evil fridge

設定

参考:

Light Probe を設定する | Unity な日々

ライトプローブとメッシュレンダラー | Unity マニュアル [公式]

LOD

参考:

ベイクしたライトマップの LOD | Unity 2018.4 マニュアル [公式]

LOD とリアルタイム GI | Unity 2018.4 マニュアル [公式]

動的オブジェクト

参考:

移動するオブジェクトのためのライトプローブ | Unity マニュアル [公式]

Light Probe Proxy Volumes (LPPV)

設定
  • Refresh Modeリフレッシュモード
    • Automatic自動 (デフォルト)
    • Every Frame毎フレーム
    • Via Scriptingスクリプトで操作する
  • Quality品質
    • Low
    • Normal普通 (デフォルト)
  • Data Formatデータフォーマット
    • Half Float半精度浮動小数点
    • Float単精度浮動小数点
  • Bounding Box Modeバウンディングボックスモード
    • Automatic Local自動ローカル (デフォルト)
    • Automatic World自動ワールド
    • Customカスタム
  • Proxy Volume Resolution解像度
    • Resolution Mode解像度モード
      • Density密度 (単位1m当たりの個数/デフォルト0.25)
      • Customカスタム
        • X / Y / ZX軸、Y軸、Z軸、各方向のグリッド数 (範囲132/2のべき乗)
  • Probe Position Mode位置モード
    • Cell Cornerセルの角 (デフォルト)
    • Cell Centerセルの中心

参考:

Light Probe の影響をモデルやパーティクルの一部に限定する、Light Probe Proxy Volume を使ってみる | テラシュールブログ

Light Probe Proxy Volumes (LPPV) コンポーネント | Unity マニュアル [公式]

シーンをロードする

参考:

ライトプローブとシーンのロード | Unity 2020.3 マニュアル [公式]

LightProbes.Tetrahedralize | Unity スクリプトリファレンス [公式]

LightProbes.TetrahedralizeAsync | Unity スクリプトリファレンス [公式]

Static Lighting

動画:

An Introduction to Lightmapping in Unity

参考:

ライトプローブを使用した静的ライティング | Unity Blog [公式]

Progressive Lightmapper: An Introduction to Lightmapping in Unity – SlideShare

仕組み

ライトプローブにおけるライティング情報は、ベイク時に球面調和関数を基底として符号化される。ライトプローブ間のライティング強度は「L2 球面調和関数」 (3次多項式) により補間される。

参考:

技術的な情報 | Unity マニュアル [公式]

ドキュメント

ライトプローブ | Unity 2018.4 マニュアル [公式]

ライトプローブグループ | Unity 2018.4 マニュアル [公式]

Light Probes Placement

**UNMAINTAINED**

リポジトリ:

laurenth-personal/LightProbesPlacement: Unity Project Showing How to Use the Custom Package ‘Light Probes Volumes’ for Placing Light Probes Automatically – GitHub

Simple Light Probe Placer

**OBSOLETE**

リポジトリ:

AlexanderVorobyov/simple-light-probe-placer: Simple Light Probe Placer – GitHub

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA