スタンダードシェーダー (Standard Shader)

一般的な用途で必要な機能を包括的に併せ持ったシェーダー。物理ベースのライティングに基づくレンダリングを行う。HDR 表現が可能。

参考:

Standard Shader | Unity マニュアル [公式]

導入

参考:

Standard Shaderに触ってみた | vaguely

PBR パラメーター

参考:

Albedo カラーと Transparency (透明度) | Unity マニュアル [公式]

Smoothness | Unity マニュアル [公式]

スペキュラーモード (Specular)

参考:

スペキュラーモード: Specular パラメーター | Unity マニュアル [公式]

レンダリングモード (Rendering Mode)

  • Opaque:不透明
  • Cutout:アルファ値が閾値より小さいピクセルを描画せず、それ以外のピクセルを描画する。
  • Transparent:アルファ値に応じてマテリアルの透過度を決める。反射やハイライトは透過度に関わらず完全に描画される。
  • Fade:反射やハイライトの描画も含めてアルファ値に応じて徐々にフェードさせる。
こちらのページを参照

参考:

Unity の Rendering Mode の違いメモ – Qiita

Standard マテリアルのレンダリングモードについて | ゴマちゃんフロンティア

Rendering Mode | Unity マニュアル [公式]

レンダリングモードを切り替える

参考:

スクリプトで Unity の Standard シェーダーの Rendering Mode を変える – Qiita

標準シェーダーのレンダリングモードをスクリプトから切り替える | Kludge Factory

Standard Shader のレンダリングモードの変更 | STAC STAR

Standard material shader ignoring SetFloat property “_Mode”? – Unity Answers

HDR

参考:

Unity で HDR レンダリング | Unity 2018.4 マニュアル [公式]

ソースコード

参考:

内蔵シェーダのソースコード | nakamura001 @ウィキ (atwiki.jp)

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です