テラインレイヤー (Terrain Layers)

参考:

Terrain Layers | Unity マニュアル [公式]

使い方

参考:

地形にテクスチャーを設定する | iPentec

自由に地形を生成できる Terrain を解説!テクスチャや Collider の設定や注意点まで | XR-Hub

設定

  • Diffuse:基本色のテクスチャ
    • アルファチャンネル:HDRP でマスクマップ使用時は Density マップを与える。
  • Normal Map:法線マップを与える。
  • Normal Scale:法線マップを適用する強度
  • Mask Map:URP あるいは HDRP で PBR パラメーターを指定するテクスチャ
    • R:メタリック (Metallic)
    • G:アンビエントオクルージョン (AO)
    • B:高さ (Displacement)
    • A:スムースネス (Smoothness)
  • Channel Remapping
  • Specular:スペキュラーハイライトの色と強度を指定する。
  • Metallic:メタリック値
  • Smoothness:スムースネス値
  • Tiling Settings
    • Size:X軸あるいはY軸方向にテクスチャをタイリングする回数 (倍率)
    • Offset:X軸あるいはY軸方向のオフセット

制限

レイヤー数
  • ビルトイン/URP:テクスチャパス毎に4つのレイヤー/テクスチャパスを増やすとパフォーマンスが落ちるので、テラインタイル1つにつきレイヤー4枚の使用を推奨
  • HDRP:テラインタイル1つにつき最大8枚のレイヤー

Unity Learn

参考:

Creating Materials in the Terrain Editor | Unity Learn [Official]

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です