環境変数を使う方法 (dotenv)

  • ローカルにおける開発時 → .env で環境変数を定義する
  • サーバーへのデプロイ時 → .bash_profile で環境変数を定義する

dotenv

.env ファイルに定義された環境変数を読み込む。

  • production 環境では使わない。
  • .env ファイルはリポジトリにコミットしない。
  • プロジェクトに .env.example を用意しておいて、各自で編集してローカルの .env とする。

参考:

bkeepers/dotenv: A Ruby gem to load environment variables from `.env` – GitHub

dotenv-rails | RubyGems.org

Documentation for dotenv | RubyDoc.info

dotenv で環境変数を管理する方法 | vdeep

dotenv-rails について – Qiita

環境によって変わる設定値は dotenv を使うと便利 – Qiita

Rails で環境別に環境変数を管理する dotenv | 酒と涙とRubyとRailsと

Rails の環境変数管理 gem、dotenv の使い方徹底解説 | beyondDays

Dotenv.load

参考:

dotenv-rails not loaded early enough · Issue #178 · bkeepers/dotenv – GitHub

Node.js で dotenv を使う

参考:

motdotla/dotenv: Loads environment variables from .env for nodejs projects – GitHub

dotenv – npm

Node プロジェクトで環境依存の設定の管理方法 – Qiita

環境変数を dotenv で設定する | ブロックチェーンエンジニアのブログ

dotenv を使った Node.js での環境変数の設定方法 | ブロックチェーンエンジニアとして生きる

プログラム内で dotenv を読み込むのをやめた話 | WEB EGG

代替

参考:

Dotenv は production で使わないほうがよいのではという話 | なんかかきたい

Dotenv は production で使わないほうがよいのではという話の続き | なんかかきたい

dotenv の利用を廃止する

参考:

環境変数管理を dotenv から config へのスムーズな移行手順 – Qiita

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です