All Terrain Textures

※「Amazing Tools Bundle 」に含まれる。

入手:

All Terrain Textures | Unity Asset Store [Official]

使い方

設定

変換に適用するオプションを一括して指定する。

  • Flip UVUV を反転する (デフォルト有効)
  • Resolution解像度
    • 32
    • 64
    • 128
    • 256
    • 512
    • 1024 (デフォルト)
    • 2048
    • 4096
    • 8192
  • Split分割 (デフォルト無効)
  • File Format
    • Default (デフォルト)
    • TGA
    • PNG
    • JPG
地形 (Generic)
  • Splatmaps (デフォルト1024TGA)
  • Holesmap (デフォルト1024PNG)
  • Heightmap (デフォルト1024EXR)
    • Original / Remap (デフォルトOriginal)
  • Heightmap Normal (デフォルト1024PNG)
    • Original / Remap (デフォルトOriginal)
マテリアル (Basemap)
  • Diffuse (デフォルト1024JPG)
  • Normal (デフォルト1024JPG)
  • Mask (デフォルト1024TGA)
  • Specular (デフォルト1024PNG)
  • Metallic (デフォルト1024PNG)
  • Smoothness (デフォルト1024PNG)
  • Occlusion (デフォルト1024PNG)
オブジェクト (Paint Objects)
  • Trees (デフォルト1024PNG)
    • All Prototypes / Prototype No. / Used Prefab (デフォルトAll Prototypes)
    • Separately / Merge (デフォルトMerge)
  • Details (デフォルト1024PNG)
    • All Prototypes / Prototype No. / Used Prefab (デフォルトAll Prototypes)
    • Separately / Merge (デフォルトMerge)
    • Grass Billboard / Vertex Lit / Grass / All (デフォルトAll)
    • Solid / Normalized (デフォルトSolid)
保存 (Save)

画像ファイルの接頭辞、接尾辞、出力先フォルダを指定する。

  • Nameファイル名
    • Prefix接頭辞を付ける
    • Suffix接尾辞を付ける
  • Location出力先
    • Same Folder同じフォルダに出力する
    • Same Subfolderサブフォルダに出力する
    • Custom Folder指定したフォルダに出力する
リスト

データを画像ファイルとして出力する対象のテラインを選択して、リストに追加/削除する。

  • Add Selected
  • Add All Scene Terrains
  • Add Custom
  • Loda All Project Terrains
  • Remove All
手順
  1. メニューから「Window > Amazing Assets > All Terrain Textures」を選択して、「All Terrain Textures」ウィンドウを開く。
  2. リストにテラインを追加する。
  3. 「Generic」、「Basemap」、「Paint Objects」パネルで、出力するマップにチェックを入れて、解像度及びファイル形式、その他オプションを設定する。
  4. 「Save」パネルで出力先フォルダを設定する。また、必要であればファイル名に追加する接頭辞、接尾辞を設定する。
  5. 「Run」ボタンを押して、テラインデータを画像ファイルに変換して出力する。

フォーラム

All Terrain Textures | Unity Forum

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Protected by reCAPTCHA