History API

参考:

ブラウザの履歴を操作する – ウェブデベロッパーガイド | MDN

window.history – Web API インターフェイス | MDN

使い方

参考:

JavaScript/リンク/履歴の移動(進むボタン・戻るボタン) – TAG index

History APIとスマホブラウザでのハマりどころ – Qiita

履歴の移動(戻る・進む)、履歴数の取得|window.historyオブジェクト|JavaScript/DOM|PHP & JavaScript Room

history.back()

参考:

history.back()-JavaScriptリファレンス

history.back(); 問題を解決してみる at softelメモ

button タグ

参考:

「戻る」ボタンを作るときは<button type=”button” >で。- Qiita

ブラウザバック時のフォームデータ保持

参考:

history.back()の入力データ保持について – Qiita

.serialize() | jQuery API Documentation

serialize( ) – jQuery 日本語リファレン

jQuery.param(obj) – jQuery 日本語リファレンス

URL パラメータを取得する

参考:

How to get the value from the GET parameters? – Stack Overflow

URI.js – URLs in Javascript

medialize/URI.js: Javascript URL mutation library

JavaScriptでURLパラメータを手軽に取得する方法 | 情報科学屋さんを目指す人のメモ

JavaScriptでURLのパラメーターを取得する | iPentec.com

javascriptでURLのパラメータを取得する方法 | ProgramMemo

JavaScript で, 華麗に URL パラメーターを取得してオブジェクトに変換する方法 | phiary

Get url parameter jquery Or How to Get Query String Values In js – Stack Overflow

Quick Tip: Get URL Parameters with JavaScript — SitePoint

URL API

const url = new URL('https://example.com/index.html?a=x&b=y&c=z')
const params = url.searchParams
const a = params.get('a')

参考:

URLSearchParams – Web API インターフェイス | MDN

URL – Web API インターフェイス | MDN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です