ディレクトリ構成

  • app:アプリケーション用のファイルを置く
  • app/assets:アプリケーション用のアセット (ソースファイル) を置く
  • app/assets/config:アセットのマニフェスト (manifest.js) を置く
  • app/assets/images:画像を置く
  • app/assets/javascripts:Sprockets で処理する JavaScript ファイルを置く
  • app/assets/stylesheets:Sprockets で処理するスタイルシートを置く
  • app/controllers:コントローラーを置く
  • app/frontend:Webpack で処理するファイルを置く
  • app/helpers:ヘルパーを置く
  • app/jobs:ジョブを置く
  • app/lib:ヘルパー以外で自動読み込みするアプリケーション用のモジュールを置く
  • app/mailers:メーラーを置く
  • app/markdown:マークダウンのソースを置く
  • app/models:モデルを置く
  • app/views:ビューを置く
  • bin:Rails が生成するプロジェクト用のコマンドを置く
  • bundle_bin:Bundler のスタブを置く
  • scripts:プロジェクトで使用するシェルスクリプトを置く
  • public:公開用の生成物を置く (Sprockets / Webpack のアセット)
  • build:タスクの生成物を置く (直接公開しない用)
  • config:設定ファイルを置く
  • db:データベース関連のファイルを置く
  • lib:自動読み込みしないアプリケーション用のモジュールを置く
  • share:ライブラリのモジュールを置く
  • test:テスト用のファイルを置く
  • log:ログファイルを置く
  • tmp:一時ファイルを置く
  • vendor:サードパーティーのファイルを置く
  • vendor/assets:サードパーティーのアセットを置く
  • vendor/bundle:Bundler が gem をインストールする場所
  • vendor/patches:gem 用のパッチを置く
  • plugins:プロジェクト内で利用する Rails プラグインを置く
  • node_modules:npm パッケージをインストールする場所
  • patches:patch-package 用のパッチを置く

参考:

デフォルトの Rails フォルダ構造 – Qiita

Rails の基礎知識 | Rails ドキュメント (railsdoc.com)

Rails 自分なりの app 以下のディレクトリ構成 | blog 紫陽花

デフォルトの Rails のフォルダ構成 | Rails Webook

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です