ビジュアルモード

ビジュアルモードの使い方

参考:

visual – Vim日本語ドキュメント

矩形ビジュアル挿入

  1. Ctrl + v で矩形ビジュアルモードに入る
  2. カーソル移動で入力したい範囲を選択する
  3. I (Shift + i) で挿入モードに入る
  4. 挿入したい文字を入力する
  5. ESC キーを押すと選択範囲の各先頭 (全ての行) に挿入される

参考:

複数行に対して矩形選択からの挿入 – Qiita

矩形ビジュアルモードを利用した編集を使いこなす — 名無しのvim使い

矩形ビジュアル挿入を使い易く拡張する

vnoremap <expr> I  <SID>force_blockwise_visual('I')
vnoremap <expr> A  <SID>force_blockwise_visual('A')

function! s:force_blockwise_visual(next_key)
  if mode() ==# 'v'
    return "\<C-v>" . a:next_key
  elseif mode() ==# 'V'
    return "\<C-v>0o$" . a:next_key
  else  " mode() ==# "\<C-v>"
    return a:next_key
  endif
endfunction

参考:

Vim の矩形選択の痒いところに手を届かせる – TIM Labs

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です