Ozone

参考

Ozone 9 | iZotope Japan [公式]

使い方

参考

Ozone を使ったマスタリングのやり方 | TRIVISION STUDIO

概要

参考

自動マスタリング Master Assistant が到来!実際の使い心地は? | DTM Guide

Ozone 8 をレビュー!使い方も解説!マスタリングツール・プラグインエフェクトの実力とは? | DTMer.info

エディションによる違い

  • エレメンツ (Elements)
    • マスターアシスタント (Master Assistant)
    • マキシマイザー (Maximizer)
    • イメージャー (Imager)
    • イコライザー (Equalizer)
  • スタンダード (Standard)
    • スタンドアローンアプリ (Stand-Alone App)
    • リファレンス音源 (Track Referencing)
    • マッチ EQ (Match EQ)
    • ディザー (Dither)
    • ビンテージモジュール (Vintage Modules)
    • ダイナミック EQ (Dynamic EQ)
    • エキサイター (Exciter)
    • ダイナミクス (Dynamics)
  • アドバンスト (Advanced)
    • マスターリバランス (Master Rebalance)
    • ローエンドフォーカス (Low End Focus)
    • トーナルバランスコントロール (Tonal Balance Control)
    • スペクトラル成形 (Spectral Shaper)
    • コーデックプレビュー (Codec Preview)
    • 各モジュールを個別のプラグインとして使用できる

※上位のエディションは各下位のエディションの機能を含む。

参考

Ozone 9 をレビュー!Elements/Standard/Advanced の違いも比較 | マタタキベース

Ozone 8 の Elements/Standard/Advanced を比較!違いは?どれを買うべき? | DTMer.info

Ozone 8 Advanced レビュー。個別プラグインエフェクトを検証してみた | SynthSonic

Advanced との違い | DTM Guide

あなたに最適な Ozone 9 | iZotope Japan [公式]

試聴ツール

  • バイパス (Bypass)プラグイン処理の有効/無効を切り替える。
  • ゲインマッチ (Gain Match)バイパスの有無によらず音量を一致させる。
  • モノ合算 (Sum to Mono)左右のチャンネルを合わせてモノラルで試聴する。
  • チャンネル入れ替え (Swap Channels)左右のチャンネルを入れ替えて試聴する。
  • リファレンス (Reference)リファレンス画面の表示を切り替える。
    • 電源ボタン (Power Button)リファレンスの有効/無効を切り替える。
  • コーデック (Codec)コーデック試聴画面の表示を切り替える。(※ Advanced 専用機能)
    • 電源ボタン (Power Button)オーディオ圧縮による劣化をシミュレートして試聴する。
  • ディザー (Dither)ディザー設定画面の表示を切り替える。
    • 電源ボタン (Power Button)ディザーの有効/無効を切り替える。

参考

試聴ツール | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

トラックリファレンス | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

コーデックプレビュー | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

ディザー | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

マスターアシスタント (Master Assistant)

  • モジュール (Modules)
    • モダン (Modern)通常の標準的なモジュールを使用する。
    • ビンテージ (Vintage)ビンテージな味付けを施したモジュールを使用する。
  • ラウドネス & EQ (Loudness & EQ)
    • マニュアル (Manual)強度 (Intensity) を手動で選択する。
      • 低い (Low / -14 LUFS)
      • 中間 (Medium / -12 LUFS)
      • 高い (High / -11 LUFS)
    • リファレンス (Reference)読み込んだファイルを参照してラウドネスのレベル及び EQ カーブを適合させる。
  • 伝送媒体 (Destination)
    • ストリーミング (Streaming)圧縮オーディオ向け (ピークマージン 1.0 dB)
    • CD非圧縮オーディオ向け (ピークマージン 0.3 dB)

参考

マスターアシスタント | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

マキシマイザー (Maximizer)

  • IRC LL低レイテンシーでインテリジェントに音圧を上げる。
  • IRC Iインテリジェントに音圧を上げる。
  • IRC IIトランジェントを維持するために最適化されている。
  • IRC III心理音響モデルを使用して最大限音圧を上げる。
  • IRC IVポンピングとディストーションを軽減したモード。異なる信号成分の混変調を軽減する。
設定
  • シーリング (Ceiling)ディザー使用時は -0.3 dB が推奨値。MP3 あるいは AAC など不可逆圧縮を適用する場合は、-0.8-0.6 程度の値が推奨される。
  • ステレオ独立機能 (Stereo Independence)
    • トランジェント (Transient)トランジェントに対するリミッターの効果を調整する。
    • サステイン (Sustain)響きの長い成分に対するリミッターの効果を調整する。
    • リンク (Link)トランジェントとサステインのスライダーを同期させる。
  • トランジェント強調機能 (Transient Emphasis)リミッター適用前にトランジェントを成形する。
    • 分量 (Amount)トランジェントを成形する効果の強さ

参考

マキシマイザー | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

イメージャー (Imager)

  • クロスオーバースペクトラム (Crossover Spectrum)処理帯域を表示、調整、試聴する。最大 4 つの処理帯域に分割することができる。
    • 電源ボタン (Power Button)処理帯域における効果の有効/無効 (バイパス) を切り替える。
    • 帯域ソロ (Band Solo)帯域を独立して試聴する。
    • 帯域削除 (Remove Band)帯域の分割を削除して帯域を結合する。
    • 帯域追加 (Add Band)帯域の分割を追加する。
    • 分析 (Learn)入力信号に応じて帯域の分割を自動的に調整する。
  • ステレオ幅 (Stereo Width)各帯域でステレオの幅を調整する。
  • 帯域リンク (Link Bands)帯域毎のスライダーを全て同期する。
  • ステレオ化 (Stereoize)自然な聴覚効果でステレオ感を付与する。
    • 分量 (Amount)ステレオ化効果の強さ (単位ms)
    • モード (Mode)
      • Mode I時系列処理によりステレオ化の効果を追加する。
      • Mode II強い効果を与えた場合でもトランジェントを維持する。Mode I より自然な適用結果となる。

参考

Imager でド迫力の音像を簡単に作る方法 | 96bit-music

Ozone 7 の Stereo Imager をマスタリングで使って音像を広げる | Mitchie M のブログ

マスタリングの Stereo Imager | ぷるれこ

イメージャー | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

Imager | Ozone 9 Help Documentation [Official]

ビンテージエフェクト

※ Ozone 8 では Advanced 専用機能/Ozone 9 では Standard/Advanced で使用可能

  • ビンテージコンプレッサー (Vintage Compressor)
  • ビンテージ EQ (Vintage EQ)
  • ビンテージリミッター (Vintage Limiter)
  • ビンテージテープ (Vintage Tape)

参考

ビンテージコンプレッサー | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

ビンテージ EQ | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

ビンテージリミッター | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

ビンテージテープ | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

Match EQ

※ Standard/Advanced で使用可能

参考

Ozone 9 の新機能 Match EQ の使い方! | 潮 DTM ブログ

Match EQ | Ozone 9 Help Documentation [Official]

マスターリバランス (Master Rebalance)

※ Advanced 専用機能

参考

Ozone 9 の新機能 Master Rebalance の試聴 & 使い方! | 潮 DTM ブログ

Master Rebalance | Ozone 9 Help Documentation [Official]

ローエンドフォーカス (Low End Focus)

※ Advanced 専用機能

参考

Ozone 9 の新機能 Low End Focus の試聴&使い方! | 潮 DTM ブログ

Low End Focus | Ozone 9 Help Documentation [Official]

トーナルバランスコントロール (Tonal Balance Control)

※ Advanced 付属プラグイン

参考

Ozone 9/Neutron 3 付属 Tonal Balance Control 2 を使ってわかったその利便性とは?使い方も解説! | DTMer.info

Tonal Balance Control を使ってマスタリングをプロレベルに近づける | DTM Guide

Tonal Balance Control 解説! | Malibu Sound Vibes

Tonal Balance Control 2 | サウンドハウス

Tonal Balance Control 2 | iZotope Japan [公式]

トーナルバランスコントロール | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

Tonal Blance Control 2 Help Documentation [Official]

スペクトラル成形 (Spectral Shaper)

※ Advanced 専用機能

参考

スペクトラル成形 | Ozone 8 ユーザーズマニュアル [公式]

ミッドサイド処理

参考

What is Mid/Side Processing? | iZotope Tips and Tutorials [Official]

How to Use Mid/Side Processing for Audio Mastering | iZotope Tips and Tutorials [Official]

8 Common Mistakes in Mid/Side Mixing | iZotope Tips and Tutorials [Official]

Mid, Side, and Everything in Between – A Mid/Side Deep Dive | iZotope Tips and Tutorials [Official]

レビュー

参考

Ozone 9 – iZotope をレビュー!Elements / Standard / Advanced の違いも比較 | マタタキベース

Ozone 9 をレビュー!使い方、セール情報や Elements  / Standard / Advanced の違いも解説!マスタリングツール・プラグインエフェクトの実力とは? | DTMer.info

Ozone 8 を絶対に買ってはいけない理由3つ | Merry bad ending 

新機能/バージョンアップ

参考

プロ御用達のマスタリングツールが Ozone 9 にバージョンアップ。人工知能・機械学習の強化で不可能を可能に! | 藤本健の DTM ステーション

次世代のマスタリングを実現する iZotope Ozone 9 の新機能・使い方 まとめ | Sleepfreaks

Ozone 9 のあまりにも凄すぎる新機能のレビュー | ぷるれこ

アップグレード

参考

iZotope アップグレード一覧ページ | SONICWIRE

セール

参考

超便利なマスタリング用総合ツール Ozone 9 サマーセールで通常版やアプグレ版が最大 70% OFF | Sawayaka Trip!

Ozone Elements から Advanced へのアップグレードが過去最安! | Sleepfreaks

ミックス & マスタリング夏休み集中講座開始!Waves クロスグレード復活! | iZotope Japan [公式]

チュートリアル

参考

iZotope 製品を理解する最もスピーディで確実な一つの方法 | iZotope Japan [公式]

ドキュメント

参考

Ozone 8 ユーザーズマニュアル | iZotope [公式]

Ozone 9 Help Documentation | iZotope [Official]

動画/チュートリアル

参考

A.I. を使ったマスタリング機能 Master Assistant の使い方 – YouTube

Ozone 9.1 の更新点のまとめ – YouTube

特定帯域の問題解決に特化したツール Spectral Shaper の使い方 – YouTube

Spectral Shaper を使ってボーカルの耳障りな部分を解消する方法 – YouTube

Spectral Shaper を使ってエレキギターのブリッジミュートを抑える方法 – YouTube

Ozone 9 新機能の紹介 [日本語字幕] – YouTube

Rebalance the Master with Master Rebalance – YouTube

Mid/Side for Mastering – YouTube

Stereo Imaging in Mastering: Width and Mid/Side – YouTube

2-Minute Tips: Pan Background Vocals with Visual Mixer – YouTube

プレイリスト

参考

Ozone 9 – YouTube

記事をシェアする:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です